サンワサプライは、長時間のデスク作業やキーボード操作に最適な超大型リストレスト「TOK-MU4BK」を発売した。価格は3,300円(税込)。

タイピングやマウス操作時に使うことで、手首が不自然に曲がったり、手や肘が硬いテーブルに当たったりなどの負担を軽減できる低反発ウレタン内蔵の超大型リストレスト。

内臓の低反発ウレタンが乗せた手首や腕の動きに合わせて変形し、抜群のフィット感が得られるという。また、本体裏面はノンスリップ加工のラバーとなっており、使用中でもずれにくくなっている。

フルキーボードとマウスどちらの操作時にも対応できる超大型サイズとなっており、タイピングやマウス操作両方の動作をサポート。動作時にリストレストから腕がはみ出したり落ちたりする煩わしさも無いと同社はアピールする。

また、手首や腕のサポートだけでなく肘置きとして使用することで、デスクワーク時はもちろん、ゲームやタブレット使用時や、ローテーブルでの使用、床に寝転んでといった様々なシチュエーションで使用できるとしている。

外形寸法は710W×27H×125Dmm、質量は426g。