米Facebookは、レイバンを手掛けるエシロールルックスオティカと共同開発したスマートグラス「Ray-Ban Stories」を発表。米国、オーストラリア、アイルランド、イタリア、イギリスにおいて、299米ドルから販売する。

2つの5MPカメラを搭載し、一人称視点による撮影が可能なスマートグラス。ウェイファーラー、ラウンド、メテオールなど20種類のバリエーションが用意されるほか、レンズもクリア、サン、トランジション、度付きなど5種類をラインナップする。

キャプチャーボタンを押すことで、写真や最大30秒の動画を撮影したり、Facebookアシスタントの音声コマンドによるハンズフリー撮影が可能。なお、正面のLEDが点灯することで、撮影中であることが他の人からも認識できる。

テンプル(つる)の部分には、オープンイヤースピーカーを搭載する。さらに3マイクロホンアレイを採用し、ビームフォーミング技術とバックグラウンドノイズ抑制アルゴリズムにより、通話やビデオの音声を豊かに伝送するという。

iOSおよびAndroid対応の新アプリ「Facebook View」との連携により、ストーリーや思い出を、友だちやフォロワーに共有できる。アプリ内では、スマートグラスで撮影したコンテンツを取り込み、編集することも可能。スマートフォンのカメラロールにも保存できる。共有はFacebookだけでなく、Instagram、WhatsApp、Messenger、Twitter、TikTok、Snapchatなどに対応する。