米クアルコムは、米ラスベガスとオンラインで開催されている「CES 2022」にて、拡張現実(AR)の普及拡大のためにマイクロソフトと協業すると発表した。

両社はメタバースの将来・重要性を認識しており、協業はクアルコムの空間コンピューティングに関する知識、技術、そしてメタバースに向かうなかで次世代ARデバイスの革新的体験を創造する意欲を評価したものだという。

今回の協業により、電力効率の高い軽量ARメガネを実現するためのカスタムARチップの開発や、Microsoft MeshやSnapdragon Spaces XR Developer Platformといったソフトウェアの統合について協力するとしている。

クアルコムのバイスプレジデント兼XR担当ゼネラルマネージャー Hugo Swart氏は、「マイクロソフトと協力して、業界全体におけるARのハードウェアとソフトウェアの普及を拡大し、スケールアップすることに大きな期待を寄せています」とコメント。

また、マイクロソフトのコーポレートバイスプレジデント Rubén Caballero氏は、「クアルコムと協力して、エコシステム全体がメタバースの可能性を解き放つのを支援できることを期待しています」と述べている。