楽天モバイルは、新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」を2022年7月1日から提供すると発表した。従来の「Rakuten UN-LIMIT VI」を利用しているユーザーについては、7月1日に自動的に移行するとしている。

Rakuten UN-LIMIT VIIは、月間データ利用料が3GB以下の場合は1,078円(以下、税込表記)、3GBを超え20GB以下の場合は2,178円、20GBを超えた場合はデータ無制限で3,278円という料金プラン。従来のプランでは、1GBまでは0円、1GBを超えて3GBまでは1,078円というかたちだったが、新プランでは1GBの区切りが廃止され、1,078円が最低料金となる格好だ。

その他の部分については従来同様で、国内のパートナー回線エリアにおける高速データ通信は月間5GBまで、海外のパートナー回線における高速データ通信は月間2GB。同社のコミュニケーションアプリ「Rakuten Link」を使用した場合の国内通話についても、引き続き無料で利用できる。

上述の通り、現在Rakuten UN-LIMIT VIを利用中のユーザーについては、7月1日に自動的に新プランへ移行される。一方で、プラン移行から最大4ヶ月間、月額データ利用量が1GB以下の場合に月額料金相当分の楽天ポイント還元が行われる。つまり、1GB以下であれば実質0円となるため、10月末まで従来のプランと実質同じ料金で利用できると同社では説明している。

ほか、これまで月額1,100円で提供していた「10分(標準)通話かけ放題」が、5分延長した「15分(標準)通話かけ放題」にアップグレード。2022年5月13日以降に初めて「10分(標準)通話かけ放題」に加入したユーザーは、7月1日に「15分(標準)通話かけ放題」へ自動移行されると共に、月額料金が3ヶ月無料になる。

公式メールサービス「楽天メール」(無料)も7月1日よりスタート。また、新プランの提供開始記念として、6月1日から「楽天市場」の買い物で貰えるポイントが増量。SPU(スーパーポイントアッププログラム)に加えて、楽天モバイル回線で+1倍、ダイヤモンド会員なら+1倍となる。なお、毎月の獲得上限ポイント数はそれぞれ1,000ポイント。