アップルの開発者向けイベント「WWDC 2022」の開催まであと1週間に近づくなか、次期iOSやiPadOS、watchOS、macOSなどの新機能について予想が伝えられている。

この噂の発信源は、Bloombergの名物記者Mark Gurman氏のニュースレター「Power On」最新号だ。そこではiOS 16やiPadOS 16、watchOS 9、tvOS 16、macOS 13(以上、すべて仮称)など、アップル製品の次期OSに関する予想が概説されている。これらのアップデートは「かなり重要なものになる」そうだ。

まずiOS 16では、情報を表示する新たなタイプの壁紙を含む、ロック画面の大幅な機能強化が予定されているとのことだ。

また「アップルが当初、昨年のiPhone 13向けに計画していた常時点灯の将来的なサポートも含まれていると聞いた」とも付け加えられている。これは先日、ディスプレイ専門アナリストのRoss Young氏も可能性を仄めかしていたことだ。

より注目すべきは、iPadOS 16について「ウィンドウとマルチタスクに大きな変化がある」と予想されていることだろう。

先月Gurman氏は、iPadにキーボードなどを接続したときにMacのようなマルチタスク、つまり複数のウィンドウを上下に並べて同時に使えるプロモードを “提唱” (つまり個人の希望)していた。が、今回は実際の情報源を元にした “予想” に格上げされており、いっそう期待が高まったといえる。

そしてwatchOS 9は、既存の文字盤のアップデートや新たな低電力モードとともに「日々の操作やナビゲーションに影響を与えるwatchOSの大幅な改善」が含まれるという。

次期Apple Watch Series 8(仮)には体温測定機能の搭載も予想されており、そのため「アクティビティと健康追跡の大幅なアップグレード」も気になるところだが、最新記事ではそちらへの言及はない。

かたやmacOS 13では、システム環境設定がオーバーホール(根本的な再設計)されてiOSの設定アプリに近づくほか、アップル純正アプリのデザイン刷新も予想されている。

これら複数のアップルOSにまたがる新要素としては、メッセージアプリに「よりソーシャルネットワーク的な機能、特にオーディオメッセージ周りの機能」が追加されるとのことだ。

さらにiPhoneやApple Watchと連携する「たくさんの新機能」が登場すると予想される一方で、「ヘルスケア」アプリはiPadOSやmacOSには拡大しない見込みだという。iPadに健康関連の純正アプリやApple Watchとの連携機能がないことは、アップル製品の初心者が戸惑いがちなことだが、その方針を変えるつもりはないようだ。

現行のiPadOS 15は、1つのキーボードやマウスでMacやiPadを行き来しながら作業できる新機能「ユニバーサルコントロール」が大きな反響を呼んでいた。それを超えるインパクトを実現するには、もはや「iPadでMacやWindows PCのようにウィンドウのサイズを変えたり、自由に配置できる」しかないのかもしれない。

Source: Bloomberg

via: MacRumors

※テック/ガジェット系メディア「Gadget Gate」を近日中にローンチ予定です。本稿は、そのプレバージョンの記事として掲載しています。