アップルの次期スマートフォン「iPhone 14(仮)」シリーズにて、全機種で6GBのRAM(メモリ)が搭載されるとの情報を、調査団体のTrendForceが報じている。

実はアップル、これまでiPhoneシリーズのRAM容量を公開したことがない。しかしベンチマーク結果などから、その容量を知ることができる。海外テックサイトのGSMArenaに掲載されたデータによれば、昨年発売された「iPhone 13 mini/13 」は4GB、「iPhone 13 Pro/iPhone 13 Pro Max」は6GBのRAMを搭載しているようだ。

今回のTrendForceの報告によれば、iPhone 14(仮)シリーズ(iPhone 14、iPhone 14 Max、iPhone 14 Pro、iPhone 14 Pro Max)では、全機種が6GBのRAMを搭載するという。メモリー増大によるパフォーマンス向上に期待したいところだ。

しかし、モデル間の差別化はやはり行われるようだ。TrendForceによれば、標準モデルのiPhone 14/iPhone 14 MaxではiPhone 13シリーズと同じメモリー規格「LPDDR4X」が、そしてハイエンドモデルのiPhone 14 Pro/iPhone 14 Pro Maxではより高速な「LPDDR5」が採用されるという。これが事実だとしたら、メモリー規格の違いによるパフォーマンスの差が気になるところだ。

TrendForceによれば、iPhone 14 Pro/iPhone 14 Pro MaxではA16プロセッサーや4800万画素のメインカメラの搭載など、順当なスペックアップが期待される。一方で、それらを採用しないと噂されるiPhone 14/iPhone 14 Maxを、アップルがどのように消費者に売り込むのかが注目されそうだ。

Source: TrendForce

Via: MacRumors