(株)アスクは、同社が取り扱うVRデバイスブランド・Picoから、スタンドアロン/PC接続の両方に対応するフラグシップVRヘッドセット「Pico Neo3 Link」を、6月24日より発売する。価格は49,280円(税込)。

クアルコムのプロセッサー「Snapdragon XR2」と6GBのRAM、256GBの内部ストレージを搭載し、オールインワンVRヘッドセットとして単独で動作すると共に、PCに接続してPC VRコンテンツを楽しむこともできるVRヘッドセット。

ディスプレイは、解像度3,664×1,920、視野角98度、最大リフレッシュレート120Hzの4K液晶を搭載。PCとはDisplayPort接続により映像を圧縮すること無く伝送でき、劣化のない最高の画質を楽しめるとアピールする。また、立体音響にも対応するステレオスピーカーや、4基の広角カメラを用いたトラッキングシステム、32個の光学センサーを内蔵した6DoF対応コントローラーなども採用し、没入感の高いインタラクティブなVR体験ができると謳っている。

装着性の面では、軽量/コンパクト化、バッテリーを後部に配置したカウンターウェイトデザイン、肌触りのよい高品質なフォーム素材などにより、長時間にわたる使用にも快適さを確保。瞳孔間距離(IPD)は3段階で調節できる。

独自のアプリストア「Pico Store」に100タイトル以上のゲームなどをラインナップするほか、Valve社のPC用VRプラットフォーム「SteamVR」で提供されている6,000タイトル以上のコンテンツにも対応。また、2022年7月24日までに本製品を購入し、アカウントを作成して起動すると、早期購入特典として「All-in-One Sports VR」「Counter Fight ICHIRAN」「Demeo」という3つのVRコンテンツがプレゼントされるとのこと。

ワイヤレス機能は、Wi-Fi 2.4GHz/5GHz(2×2 MIMO 802.11ax)、Bluetooth 5.1に対応。接続端子としてUSB 3.0、DisplayPort、3.5mmヘッドホン出力を搭載する。スタンドアロン時の連続使用時間は最長約3時間。本体の外形寸法は135W×112H×190Dmm、質量は約385g(バンド除く)。