Adobeは、同社の画像編集ソフトPhotoshopやLightroomの6月最新アップデートを発表した。

Photoshopのデスクトップ版においては、オブジェクト選択ツールの機能強化や円柱ワープのプリセットなどを発表。オブジェクト選択ツールでは、髪の毛の細かな切り抜きなど、抽出が微調整できるように強化。円柱ワープのプリセットでは、透明のボトルに文字を配置する際などに、文字をうまくボトルに沿わせて配置することができるようになっている。

さらに、AIを活用した「ニューラルフィルター」も開発中としており、古い写真や色あせたデータ、欠けた情報などを復元しより精細な画像データにすることができるとしている。モノラル写真からカラー写真への復元なども可能になる。

そのほか、iPad版ではコンテンツに応じた塗りつぶし、被写体の選択、自動トーン補正/カラー補正/コントラスト機能なども追加。ベータ版として公開されているウェブブラウザ版では、トーンカーブ機能や境界線の調整、スマートオブジェクトへの変換といった新機能が追加されている。

またLightroomのアップデートにおいては、画像に加えて動画の編集機能も新たに搭載され、トリミングや色味の調整などといった基本操作が、Lightroomアプリ上で編集できるようになる。複数の動画の色味やテイストを揃えたい場合にも、まとめて編集できるようになる。

また、AIによる「アダプティブプリセット」でさまざまなニュアンスをワンタッチで作成することができるほか、プリセットの適用強度も選択可能に。さらに「自動赤目補正」機能も追加される。