今年秋に発売とみられる「iPhone 14」シリーズのうち、標準モデルは戦略的に販売価格を据え置く、すなわちiPhone 13から値上げしないとの噂もある。しかし新たに、Proモデルは値上げされるとの予想が報じられている。

アップルのサプライチェーン情報に精通するアナリストMing-Chi Kuo氏は、iPhone 14シリーズ全体の平均販売価格(ASP)が、iPhone 13世代よりも約15%上昇すると推定している。その主たる理由はiPhone 14 Pro/Pro Maxの2つが値上げされ、出荷比率が高くなるためだという。

ただしProモデルは、値上げと引き換えにストレージが増えるのかもしれない。今年6月、台湾の調査会社TrendForceは、iPhone 13 Proの最小容量が128GBだったのに対して、iPhone 14 Proでは256GBに引き上げられる可能性があると述べていた。

iPhoneの最低価格が値上げされつつ、ストレージが増やされたことは過去にも前例がある。たとえばiPhone 12では64GB版が8万5800円だったが、翌年のiPhone 13はベースモデルが128GBで9万8800円となっていた。

米国では、iPhone 13 Proが999ドルから、iPhone 13 Pro Maxが1099ドルからだ。これを10%ほど値上げするなら、iPhone 14 Proは1,099ドル、iPhone 14 Pro Maxは1,199ドルからとなり、ストレージ256GBのiPhone 13 ProやiPhone 13 Pro Maxと同じ価格となる。つまり、実質的に価格は据え置きとなる可能性もある。

ほかiPhone 14 Proモデルでは、最新のA16チップを独占的に搭載、ノッチ(画面上部の切り欠き)が廃止されてパンチホールが2つとなり、背面カメラは48MPかつ8Kビデオ撮影にも対応、自撮りカメラはオートフォーカス、高速RAMの採用、時刻やウィジェットの常時表示などが予想されている。

かたやiPhone 14の標準モデルは、A15チップのままでノッチも続投され、Proモデルのような大幅なアップグレードはないと見られている。今年はiPhone 13とさしたる変化がない標準モデルで割安感を出しつつ、利益率の高いProモデルで稼いでいくつもりなのかもしれない。

Source: Ming-Chi Kuo(Twitter),Trendforce

via: MacRumors