アップルは「Apple Watch Series 8」を発表した。本日9月8日より予約を開始、9月16日に発売開始する。価格はGPSモデルが59,800円(税込)から、GPS+Cellularモデルが74,800円(税込)から。

watchOS 9を搭載する「Apple Watch Series 8」では、健康管理、安全機能において2つの新機能を追加した。

健康管理機能では、女性向けの機能である「周期記録」が進化。新しい皮膚温センサーを採用し、自動で過去にさかのぼったデータから推定される排卵日を通知で受け取ることが可能になる。

独自の2センサーデザインを採用。肌に近い背面箇所に皮膚温センサーを一つ、ディスプレイ下にもう一つを搭載することで、外部環境による偏りを減らし、精度を高めたとのこと。

睡眠中に装着することで、5秒おきに手首の皮膚温を計測。摂氏0.1度の変化も検出可能で、これらのデータをもとに、ヘルスケアアプリを通じて基準値からの変動を確認できる。

体温変化を記録することで、ホルモン変化に応じて発生する体温上昇(二相性変化)を把握でき、同時に排卵を容易に確認することができるとする。

同機能はwatchOS 9およびiOS 16で利用可能。また、皮膚温測定機能では周期データと心拍情報と合わせて、より詳細な月経周期把握が可能となり、記録された周期データに基づいた生理不順の可能性についての通知も受け取ることができる。

これらのデータはデバイス上で暗号化され、パスコードやTouch ID、Face IDでのみアクセス可能となる。

安全面に関する機能では、「衝突事故検出」を新たに搭載する。自動車の衝突事故を検出すると自動的に緊急通報サービスにつながるという。また位置情報の共有や緊急連絡先へ連絡することも可能となる。

本機能は新開発の2つのモーションセンサーにより実現。改良した3軸ジャイロスコープと、最大256Gまで測定可能な高重力加速度センサーを用いて、強い衝撃を検出。また、4倍の速さで毎秒3,000回以上の動きをサンプリングすることで、正確な瞬間を感知するとしている。

100万時間を超える実際の運転と衝突事故のデータを学習させた、高度なセンサーフュージョンアルゴリズムを開発。上記2つのセンサーのほか気圧計、マイク、GPSなど他のセンサーからのデータも活用することで、「正面衝突」「側面衝突」「追突」「横転」の4種類を測定可能とする。

本機能は走行中にのみ機能。乗用車やSUV、小型トラックなど人気の車種での衝突事故を検出できるとする。

このほか心電図測定や、血中酸素ウェルネスアプリ、高心拍数・低心拍数や不規則な心拍リズム、心肺機能レベルの通知などにも対応。睡眠記録、転倒検出や緊急SOS、メディカルIDといった機能も搭載する。

もちろんワークアウト機能も備えており、ランニングなど普段のワークアウト情報を記録する「レースコース」も今年後半に登場予定とする。

常時表示Retinaディスプレイ(Edge-to-edge display)を搭載。細い外枠デザインとし、画面いっぱいに表示させることができるとしている。画面サイズはApple Watch SEと比較して約20%大型だという。

ルナー、アストロノミー、メトロポリタン、モジュラーといった多彩な文字盤にも対応するほか、Nikeの文字盤も選択可能。最大1,000ニトの輝度と明るく、手首を下げた状態でも文字などの視認性が高いとのこと。

連続駆動時間は18時間、急速充電にも対応する。また、低電力モードを備え、アクティビティ記録や転倒検出など主な機能は維持しながら最大限節約することで、最大36時間の長時間駆動も可能となる。本モードはwatchOS 9搭載のSeries 4以降で利用可能。

GPS+Cellularモデルについては国際ローミングにも今秋後半から対応予定。同機能はwatchOS 9搭載のSeries 5以降で利用可能で、年末までに30以上のキャリアに対応するとのこと。

サイズは45mmまたは41mmの2種類。デュアルコアS8 SiP(System in Package)、W3ワイヤレスチップ、超広帯域対応のU1チップを搭載。

内蔵スピーカーおよびマイクは第2世代を使用する。容量は両サイズとも32GBとなる。Wi-Fiは802.11b/g/n 2.4GHz/5GHz、Bluetoothはバージョン5.0をサポートする。

カラーはアルミニウムモデルがミッドナイト、スターライト、シルバー、(PRODUCT)REDの4色、ステンレススチールモデルはシルバー、ゴールド、グラファイトの3色。アルミケースは100%再生アルミニウムを使用する。

アルミニウムモデルにはIon-X前面ガラス、ステンレススチールモデルにはサファイア前面クリスタルを採用。フラットベースの厚みのある前面クリスタルに頑丈なフォルムを用いることで、水泳も可能なWR50の耐水性能、IP6X等級の防塵、耐亀裂性能などを備えている。

また、Apple Watch NikeおよびApple Watch Hermesにも新たな文字盤とバンドを追加する。

Nikeの文字盤は、全てのwatchOS 9搭載Apple Watchでこの秋より利用可能となる。Nikeの新バンドには、新色と「Just Do It」ロゴがバンドに織り込まれた新しいスポーツループが登場する。

Apple Watch Hermesにも、Hermesの「H」をスポーティなパターンで表現した「Hディアゴナル」と、ステンレススチールのチェーンと黒のレザーを組み合わせ、二重巻きにして装着する「グルメットメタル」の2種類のバンドが追加。文字盤にはメゾンのルーツを表したという「ラッキーホース」がラインナップされる。

また本モデルでは、健康サポートサービス「Fitness+」を3ヶ月無料で使用できるとのこと。ほか、Apple Watch SE、Apple Watch Ultra、またはApple Watch Series 4以降の新規購入が対象となる。