アンカー・ジャパンは、サブブランド「AnkerMake」の家庭用3Dプリンター「AnkerMake M5」を本日3月7日より発売する。価格は99,990円(税込)。同社公式サイト、一部のAnker Store、Amazon、楽天市場で販売する。

クリエイターのためのハードウェア開発に特化するサブブランド「AnkerMake」の第1弾製品として、米国のクラウドファンディング「Kickstarter」で3Dプリンター史上最高額を達成した家庭用3Dプリンターが登場。一般的な家庭用3Dプリンターと比較し、完成までのスピードの速さと高いプリント精度が大きな特長とアピールする。

強力なモーターとダブルベルトを組み合わせる「PowerBoostテクノロジー」により、最大加速時には一般的な家庭用3Dプリンターの約5倍の速さとなる250mm/秒の高速プリントを実現。通常のプリントにかかる時間を約75%短縮する。

プリント精度は、高度なアルゴリズムにより49ポイントから自動で調整する「オートレベリング機能」を搭載。水平調整がワンタッチで行え、ノズルとヒートベッドの高さを手動で合わせる必要がないという。

さらに、エクストルーダーとホットエンドが一体構造となった「ウルトラダイレクトエクストルーダー」や製品本体フレームに重厚感あるアルミニウム合金構造を採用することで、高速プリント時でも安定感を保ちながら0.1mm単位の高精度なプリントを可能とする。

1080pの高精細なAIカメラを搭載し、専用アプリを経由して制作の様子をリアルタイムで確認できる。タイムラプス映像として撮影・記録も可能。プリントのズレやエラーを検知するとアプリから通知し、すぐに停止の操作ができるため、フィラメントの無駄な消費も防げる。

本体は、開封から約15〜20分で組み立てられるシンプル構造で、設置や片付けの負荷も大幅に削減する。本体には4.3インチのタッチパネルを搭載し、プリンターやパラメーターの設定が行える。Wi-FiおよびUSB -Cメモリを使用してデータ転送も可能だ。

別売りの5色のフィラメントや今後販売予定の多色プリントを可能にするプリントエンジンもあわせて使用できる。プリント方式はFDM(熱溶解積層法)、速度は50-250mm/秒、加速度は2,500mm/s²、精度は±0.1mm、サイズは235×235×250mm³。対応素材は1.75mm PLA/TPU/ABS/PETG。外形寸法は約502×438×470mm、質量は約12.6kg。

なお、Amazonでは100個限定で15%オフの84,992円で販売する初回セールを実施している。