(株)マトリックスコミュニケーションズは、USB Type-Cから出力した映像を、HDMI入力を備えたディスプレイにワイヤレス伝送できる小型送受信機「Compact Mate2 C1+R1」の一般販売を開始する。本日3月27日より受注を開始し、4月17日に出荷開始を予定。価格はオープンだが、税込14,080円前後での実売が予想される。

USB Type-Cからの映像出力(DisplayPort Alternate Mode)に対応するPCやスマートフォンから、HDMI入力を搭載する大画面テレビやモニター、プロジェクターへ映像/音声をワイヤレス伝送できる送受信機セット。

昨年末からAmazonにて先行販売を行ったところ好評を得たことから、この度本格的な量産販売を決定したとのこと。

USB Type-C接続の送信機は13g、HDMI接続の受信機は19gとコンパクトでありながら、最大でフルHD(1920×1080)、60fpsの映像/音声を低遅延で伝送可能とアピール。通信にはWi-Fi(IEEE 802.11n 5GHz)を利用しており、技適基準適合証明も取得している。

電源は、送信機は接続端末から、受信機は給電用USB Type-A端子からそれぞれ取得。受信機のHDMIバージョンは1.4、著作権保護はHDCP1.4をサポートする。通信距離は約20メートル。