ここでは、ハイレゾ音源を購入するための基本的な情報と、注意事項をおさらいしよう。また、複数フォーマットがある場合の選択方法や管理のコツなども合わせて紹介する。

■ハイレゾ音源はどこで購入できる?

ハイレゾ音源を手元に入手するもっとも手軽な方法は、ハイレゾ音源配信サイトから購入するというものだ。現在ハイレゾ配信サイトは日本国内だけでも複数存在し、配信している音源の数や種類もさまざまだ。ここでは配信数も多く、オーディオファンにとって使い勝手の良いサイトを3つ紹介しよう。なお、すべてDRMフリーで配信している。

最近はどのハイレゾ配信サイトも、配信楽曲のラインナップが似てきているが、サイトによって購入できるフォーマットが異なる場合がある。また、OTOTOYのように独自のラインアップや読み物記事を揃えているサイトもある。日常的にチェックする「普段使い」のサイトをひとつ決め、時折他のサイトもチェックする、と言うのがおすすめの利用方法となる。

配信楽曲数も多く、代表的なハイレゾ配信サイトは以下の通り。

e-onkyo music

●配信開始 2005年

●運営母体 オンキヨー(株)

●配信フォーマット ハイレゾのみ。一部サラウンド音源も配信。FLAC、WAV、DSD

●特徴 日本のハイレゾ配信サイトの草分け的存在。圧縮音源は扱わず、ハイレゾ音源のみに特化している。購入した複数アルバムをまとめてダウンロードできる「ダウンローダーアプリ」は便利なのでぜひ活用したい。一部のNASやスマートフォンへの自動ダウンロード機能も搭載。ハイレゾサラウンド音源も一部配信あり。LINN Recordsレーベルなど、国内独占配信の音源もある。

mora

●配信開始 2004年(ハイレゾは2013年スタート)

●運営母体 (株)レーベルゲート

●配信フォーマット ハイレゾ・圧縮音源。FLAC、DSD、AAC

●特徴 moraは、当初はAAC等の圧縮音源の配信サイトからスタートしたが、2013年からハイレゾも取り扱うようになった。ソニー系列のレーベルゲートが運営し、ソニーミュージック系列の音源が充実しているが、ユニバーサルやワーナーなど、国内レーベルのほとんどの音源が入手可能。一括ダウンロードできる「ダウンローダーアプリ」や、一部のNASやスマートフォンへの自動ダウンロード機能も搭載。なお、ストリーミングサービスのmora qualitasとは別のアカウントが必要。

OTOTOY

●配信開始 2009年

●運営母体 (株)オトトイ

●配信フォーマット ハイレゾ・圧縮音源。FLAC、ALAC、WAV、AAC、DSD

●特徴 独自のルートで入手するインディーズ音源やアイドル楽曲など、他にはないラインアップが魅力の配信サイト。OTOTOYアプリから音源のダウンロードやハイレゾ再生も可能。

以上が国内の3大配信サイトである。一方、海外のハイレゾ配信サイトでは、高音質録音で知られる2Lレーベルや、スタジオマスターの一早い配信に乗り出したLINN Records、ロック・ポップス系音源のハイレゾ配信で一躍知名度をあげたHDtracksなどが知られる。また、ドイツのHIGHRES AUDIOやフランスのQobuzなどは、ストリーミングサービスとダウンロード配信の双方を行っている。

アーティスト独自の取り組みとしては、GLAYのオフィシャルwebストア「G-DIRECT」にて、アルバムやライヴのハイレゾ音源を購入できる。過去には、ビートルズの「りんご」型USBメモリや、宇多田ヒカルの「くまちゃん」型USBメモリによるハイレゾ販売、Mr.Childrenがアルバム『REFLECTION』の限定版にハイレゾ音源を封入したUSBメモリを同梱するなどの取り組みも行われてきた。またクラシックの世界では、ベルリン・フィル・レコーディングスが、CDやレコードのボックスセットに、無料のハイレゾダウンロードコードを封入している。

しかしこういったアーティストやレーベルの個別の取り組みはさほど多くはなく、配信サイトを通じた購入が主な入手方法となっている。

■各サイトでアカウントの作成が必要

ハイレゾ音源の購入のためには、まずは各購入サイトでアカウントを作る必要がある。アカウント作成は無料。メールアドレスを登録すると、メールで新曲の入荷情報やキャンペーン情報などが送られてくるようになる。

支払い方法はクレジットカードの登録がスムーズだが、楽天payなど電子マネーでも購入ができるサイトもある。ほかにも、家電量販店等で購入できるプリペイドカード「mora point card」や「e-onkyo music カード」などもある。ギフトとしての利用の場合はこのカードも有効だろう。詳しくは各サイトを確認して欲しい。

フォーマットはどれを選ぶべき?

■どのフォーマットを買えばいいの?

「ハイレゾ音源を聴きたい!」と思って各サイトを訪問すると、複数のフォーマットが配信されていて、「一体どれを買えば良いのだろう?」と悩んだことがある人も少なくないだろう。

楽曲がマニアックで恐縮だが、たとえばチェンバロ奏者、桑形亜樹子のアルバム「ルイ・クープラン:クラヴサン曲集」を例にとってみると、e-onkyo musicでは「WAV」「FLAC」「DSF」の3種類、全部で7パターンの音源が配信されている。

まず購入にあたって一番気をつけて欲しいのは、「自分がそのフォーマットを再生できる機器を持っているか?」ということである。近年のハイレゾ対応機器の多くはかなりのハイスペック音源に対応しているものが増えているが、全ての機器がDSD11.2MHzやDXD384kHzに対応しているわけではない。スペック上対応していなくても、「音は出る」(=ダウングレードして再生される)こともあるが、せっかく購入する以上、できればオリジナルのグレードで聴きたいところだ。

対応機器によっては、未対応のフォーマット(たとえば384kHzのデータ)はそもそもコントローラーアプリ上から参照できないこともある。せっかく購入しても、アプリ上に登場しなければ存在しないも同然になってしまう。そのため、手元の機器の「最大対応フォーマット」は必ず確認して欲しい。

現在主流のフォーマットは、「WAV」「FLAC」「DSF」の3種類である。これらの違いについては、「これだけは押さえておきたい! ファイルフォーマットとスペックの読み方」に詳しく記載があるので、こちらも合わせて確認して欲しい。大きく分けて「WAV」「FLAC」はPCM系、「DSF」はDSD系であり、デジタル化の方式が異なる。いずれも、基本的には「数字が大きいものほどオリジナルのアナログ信号波形に近く、音質的に有利」と考えてもらって構わない。

ここ数年は「MQA」フォーマットでの配信も増えてきている。MQAは、データ容量の大きいハイレゾ音源を「折りたたみ」、サイズを縮小する技術のことで、専用の対応機器(デコーダーやレンダラー)を使うことで再生ができるというもの。現在配信されている音源は、「MQA」と「MQA Studio」の2種類があり、「MQA Studio」は製作者側が承認したクオリティとされている。

MQA再生ができる機器を所有しており、MQAのサウンドクオリティをぜひ知りたい、FLACとの聴き比べをしたいという場合は、MQAを購入する意義は大きい。ただし、現在はMQA音源のみが配信されることは少なく、同一スペックのFLACまたはWAVが同一の価格で販売されていることがほとんどだ。対応機器を持っていない場合は「ダウングレード」での再生になってしまうため、こちらも手元の機器のスペックを確認して欲しい。

また、数は非常に少ないが、5.1chや5.0chといった「ハイレゾサラウンド」の音源も配信されている。音源の再生には、サラウンドに対応した再生ソフトウェア(Roon等)とAVアンプ、サラウンドスピーカーなどが必要になるため、2ch再生に比べると、グッとハードルは上がる。SACDマルチの再生や、ホームシアターシステムなどを構築している方にとってはひとつの選択肢になるだろう。

ただし、MQAやサラウンド音源は、絶対数は圧倒的に少ない。以下では、音源数も多く、一番よく購入されるフォーマット、FLAC/WAVとDSFに限って話を進めたい。

■WAVとFLACとDSF、どれを選べば良い?

e-onkyo musicでは、同一スペックの「WAV」と「FLAC」の両方を配信しているものが少なくない。この場合、どちらを買えば良いだろう? これについては、それぞれに「メリット・デメリット」があるので、ライフスタイルに合わせて適切な方を選んで欲しい。

WAVデータは、現在デジタルでオリジナルマスターを作る際にも採用されていることが多く、音質面ではもっとも有利とされている。しかし、データサイズが非常に大きくなるため、データのダウンロードやコピーに時間がかかる。また、後述する「タグデータ」を埋め込むことが難しいため、使い勝手でマイナス面がある。操作アプリ上で、その音源が何の楽曲なのか、ぱっと見で判断できないことがあるのだ。

一方のFLACは、「可逆圧縮」と呼ばれる形式であり、再生機器側においてオリジナルのグレードに戻すことができるため、音質面でもWAVと遜色ないとされる。データサイズも圧縮率によって異なるが、だいたいWAVの半分から7割程度である。ネットオーディオ的な最大のメリットとしては、FLACには「タグデータ」を埋め込めるため、アプリ上にアルバムアートを表示し、美しいライブラリを構築することができる。タグを基にした検索もスムーズだ。

利便性や使い勝手などを考慮すると、ネットオーディオとしては「FLAC」を推薦したいが、利便性をさておいても究極の音質を追求したいという場合は「WAV」が候補に挙がるだろう。

ちなみに「WAV」の場合のジャケット画像表示の回避方法だが、音源と同一フォルダー内に、jpgのジャケット画像を用意し、「folder.jpg」などにリネームして保存すれば、再生ソフトウェア上で表示できる。下図はAUDIRVANAで表示した様子だが、Roonでも同様に表示されることを確認している。ただし、これらは再生ソフトウェア側の仕様によるため、「必ず表示されるとは限らない」「バックアップ時に紛失する可能性がある」ことを注意して欲しい。

「DSF」データに関しては、こちらもタグ情報やジャケットを埋め込むことが可能。配信サイトの音源は、WAV以外は基本的にタグデータを埋め込んだ状態になっているので、ダウンロード後にユーザーがタグデータをつける必要はなく、アーティスト名やアルバム名、ジャケット画像がそのまま表示される(ただし、ライブラリをより自分好みに構築したい場合、あとから変更もできる)。

FLAC/WAVとDSFのどちらを選べば良いのか、というのは非常に難しい問題である。それぞれに特有の音質傾向があるため、どちらが正解とは言えない部分がある。それでも、あえてひとつ選択の基準を挙げるとすると、「オリジナルのフォーマットはどちらで収録されているのか?」ということを意識してみると良いだろう。たとえば先述の「ルイ・クープラン:クラヴサン曲集」であれば、エンジニアの深田晃氏によると、オリジナルの録音フォーマットは352.8kHz/24bitのDXDとコメントされている。

録音時のフォーマットというのは、作り手が制作時に音を確認している形式であり、その状態でアーティストやエンジニアが納得したクオリティと言える。ただし、すべての音源についてオリジナルの録音フォーマットで配信されているわけではないので、ひとつの参考情報として捉えて欲しい。

またアナログ時代の音源のデジタル化においては、どのような工程(機材など)を経てデジタル化されたものなのか、ということも重要となる。デジタル化の工程は必ずしも公開されているとは限らないが、近年では音質的な配慮から、そういった情報が公表されることが増えてきた。せっかく良質な音源を探しているのであれば、そういった制作時の情報を選択の基準のひとつとしてみるのも良いだろう。