モバイルバッテリーなどでスマートフォンやBluetoothイヤホンを充電、いまや誰でも毎日のようにする日常風景です。そしてUSBポートに挿すのはiPhoneユーザならLightningケーブル、AndroidユーザならType-CケーブルかMicro-Bケーブルでしょうか。すぐ使えるよう、挿したままにしている人も多いはずです。

しかし、油断大敵。必ず事故につながるわけではないものの、Lightningケーブルのように接点部分がむき出しのUSBケーブルは、いくつかの条件が重なると危険が生じる可能性があります。

独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)では、バイオテクノロジーや化学物質の評価のほかにも製品事故に関する情報収集業務を担っており、モバイルバッテリーやUSBケーブルに関連した事故の調査・原因究明にもあたっています。

その事例報告のひとつに、気になる情報が。電源に接続された状態のUSB変換ケーブル(写真から判断するとLightningケーブル)をタオルの下に敷いた状態で就寝したところ、頬に端子部とほぼ同じ大きさのやけどを負ってしまったそうです。

NITEによる調査の結果、判明した原因は「汗」。電源に接続した充電ケーブルのコネクターに汗等が付着すると、電気分解により酸やアルカリが生成され、それが皮膚に付着すると化学やけどに至るおそれがあるとのこと。コネクタ部分の温度上昇はないものの、危険なことに違いはありません。

接点部分を覆う外殻がない構造のLightningケーブルだから発生した事故ともいえますが、そもそもモバイルバッテリーなどの電源に挿したままだったから事故につながったことも確か。使わないケーブルは抜いておく習慣を心がけましょう。