ハーバードビジネススクールのエイミー・C・エドモンドソン教授によって提唱された「心理的安全性」という概念は、人材・組織領域で、今もっとも注目されているトピックといえるでしょう。

組織におけるチームのメンバー一人ひとりが心理的安全な状態にあることで、個人が持つ本来の力をいかんなく発揮できるようになり、生産性の高いチームが組織される。それゆえ、この心理的安全性がチームの成功にとって最も重要な要素なのだと、米Google社は定義づけています。

注目を集める心理的安全性ではありますが、多くの日本企業では残念なことに、その名前からただニュアンスだけをとらえ解釈をしている、つまり勘違いをしている方が多いように感じます。

そこで今回は、その点について少しお話ししていきたいと思います。


「心理的安全性」は「メンバーが仲良し」という意味ではない

心理的安全性は、もともと英語の「サイコロジカル・セーフティ(psychological safety)」を和訳したものですが、どうしてもその言葉の響きから、単純に「精神的に安心できている状態」として捉える方が多いようです。

「チームのメンバー同士の仲が良い状態」を「心理的安全性が高い状態」として考えるのは間違いです。

心理的安全な状態の新の意味は、チームのメンバー一人ひとりが「自分がどんな行動をとっても、他のメンバーから否定や避難をされることはない」と感じ、遠慮なく発言し、アクションを起こせるような状況にあることです。

ですから、心理的安全性が高い状態だからこそ、オフィスで侃々諤々の議論が繰り広げられる、といったことだってあるわけです。

場合によっては言い合いのようにも見えるかもしれませんが、これは仕事に前向きで、お互いに遠慮なく接することができ、より良い方向に向かおうとするための議論であったとしたら、決して悪いことではありません。

日本の企業が伝統的に持っている「調和」というのは、確かに素晴らしい精神だと思います。それに対して「心理的安全性がとれた調和」は、それとはちょっと異なるものです。

もちろん状態としては調和であるものの、あくまでチャレンジするための調和なのです。概念として日本の言葉であらわすならば「和して同ぜず」といったところでしょうか。「同じて和せず」ではありません。

このように表面的な対立は歓迎しながらも、目指すべき価値観などは同じものとなっていて、一緒に進んでいくといった状況をイメージしてもらえれば良いでしょう。積極的なディスカッションが盛んな文化、と表現しても良いのかもしれません。


失敗やミスが表面化させるために必要な「心理的安全性」

心理的安全性が高いチームでは、失敗やミスが少なくなると思っている人が多いかもしれません。しかしエドモンドソン博士の調査によれば、それは逆だということがわかっています。とはいっても、これには少々カラクリがあります。

そもそも心理的安全性が確保されていれば、メンバーは何かを恐れて失敗やミスを隠蔽するといったことがなくなります。

お互いに本音をさらけ出す仲なのですから、失敗やミスをしても報告しやすいはずですし、何よりそこから学べば良いという空気が醸成されていますから、失敗やミスが表面化しやすいという傾向があるわけです。

また心理的安全性が高まれば、個人は自らが持つ本来の力をいかんなく発揮できるようになります。安心してリスクを取りにいけるようになることで、チャレンジの機会は増え、チームの生産性は向上します。

とはいえ、新たなチャレンジにはどうしても失敗やミスがつきものです。これまで通りのことをただ実行するよりも、失敗やミスの可能性は増えてしまうはずです。

これらを踏まえると、心理的安全性が高いチームでは、失敗やミスが多くなったようにみえるかもしれませんが、それは単なる認識の違いといえるでしょう。

そもそも失敗やミスが少ない方が良いチームであるとは言い切れません。仮に少ない方が良いのであれば、これまで通りの仕事をこれまで通り行えば、失敗やミスは減ります。

しかしそこには進歩がありません。チャレンジやリスクテイクすることが前提になっているからこそ、失敗やミスが起こりやすいというのならば、それに挑戦する姿勢は評価されるべきでしょう。

またもう一点補足しておくと、心理的安全性が高いチームであれば、失敗やミスのリカバリーもスムーズであるということがいえます。