書斎や研究室に籠もってウンウン唸っていると、いいアイディアが降ってくることがあるのだろうか? これまで圧倒的な量の知的生産を行なってきた野口悠紀雄氏は、決してそうではないと言う。

※本稿は、野口悠紀雄著『AI時代の「超」発想法』(PHPビジネス新書)の一部を再編集したものです。


歩けばアイディアが出る

「考えが進む環境」「発想が生じやすい環境」とは、どのようなものでしょうか?

大発見の啓示の例には、共通性が見られます。それは、「日常的環境からのわずかなずれ」です。あるいは、集中や緊張からの「わずかな環境の変化」です。

本を読んだり原稿を書いたり、あるいは実験をしたりするのは、書斎や研究室です。しかし、アイディアが生まれる場所は、必ずしもそこではありません。そこを少し離れた場所で得られることが多いのです。

昔から、アイディアが生まれやすい場所として、「三上」ということがいわれてきました。これは、枕上、馬上(または鞍上)、厠上です(北宋の文人政治家・欧陽脩の言葉)。私の場合も、これとほぼ同じであり、散歩、風呂、そしてベッドです。

部屋にこもって同じ姿勢で考え続けるときでなく、息抜きの姿勢に転換したとたんに、インスピレーションが湧くことが多くあります。集中して仕事をした後、机を離れた瞬間に、アイディアが生まれます。姿勢を変えたために考えが別の側面を向き、別の方向から考えることができるのでしょう。

ここから得られる「発想の法則」は、つぎのようなものです。「頭に材料が詰まっていれば、環境が少し変化したところでアイディアが得られる」。

もちろん、重要なのは、環境の変化そのものではなく、それに先だって集中することです。

「無意識の発想」を促進するために、「寝る前に材料を仕込む」という方法も考えられます。寝ている間に熟成して、朝起きたときにアイディアが浮かぶのを期待するわけです。風呂に入る前や散歩の前も、同じです。そのためには、余計な情報に邪魔をされないよう、テレビなどを見ないことが必要です。

【ポイント】集中した作業の後に環境が少し変化すると、「啓示」が得られることが多い。



頭を一杯にしてから歩く

「環境のわずかの変化」を実現する手段として、「歩く」ことは、特別有効です。仕事がゆきづまったときに公園を散歩すると、うまい考えが出てきます。散歩は、「疲れ休め」という消極的なものではなく、積極的な活動です。

歩いていると、想念がふと浮かんできたり、また消えたりします。ふと浮かぶのは、目前のものとは無関係なことが多くあります。「控えの間」にいた観念が、浮上するのでしょう。

頭に材料を一杯に詰め込んでから散歩すると、「材料が頭の中で攪拌されて」、発想ができるような気がします。新鮮な空気が脳を活性化するのかもしれません。足の刺激が発想を促進するという説もあります。少なくとも、体を動かすことは、発想にプラスの影響を与えるようです。「歩く」ことは、アイディアを得るための、最も手軽で最も確実な技術です。

古代ギリシャの哲学者プラトンが遊歩しながら弟子に教えた故事から、その弟子アリストテレスの学派は、「逍遥学派」と呼ばれました。ニュートンやアインシュタインも、散歩が好きだったそうです。

ハイデルベルグや京都などの大学町には、「哲学者の小径」があります。大学のキャンパスも、歩くのに適切な環境になっています。こうした環境は、都心のビル街では得がたいでしょう。企業は、森の中の湖のほとりに事務所や研究所を作ったらどうでしょう? アメリカでは、金融機関のオフィスなどで、実際にそうした例が生まれています。

ただし、再度強調しますが、重要なのは散歩の前に頭を材料で一杯にしておくことです。それがなくては、息抜きに終わります。私の経験は、それを強く裏付けます。本の執筆中には、散歩すれば必ずアイディアが出てきます。しかし、集中した仕事をしていないときには、単なる散歩に終わります。頭が空では、いくらゆさぶっても、何も出てこないのです。

【ポイント】「頭を材料で一杯にしてから歩く」ことは、発想のための最も確実な技術。アイディアが生まれるのは研究室ではない。