「学び」というと、新しい知識や情報のインプットをイメージする人が多いのではないだろうか。インプットはもちろん重要だが、人生100年時代に活躍し続ける力を手に入れるためには、知識や経験を振り返って整理し直すことがより重要──為末大氏との共著『Unlearn 人生100年時代の新しい「学び」』が話題の柳川範之氏はそう指摘する。

(取材・構成:林加愛)

※本稿は、『THE21』2022年7月号特集「40代・50代で必ずやっておくべき「学び直し」」より、内容を一部抜粋・編集したものです。


ミドル世代に有効なのはインプットよりも振り返り

学び直しというと、「新しいことを勉強する」イメージがありますね。語学力をつける、プログラミングのスキルを習得する、そのために学校に通うなど「一念発起して行なう大がかりなインプット」だと思っている方も多いのではないでしょうか。

しかし学び直しは、そうした大きなイベントとは限りません。今、40代・50代を迎えている方々に有効な学び直しは、むしろ「日常的な振り返り」だと私は考えます。

40代・50代ならすでに知識や経験は十分蓄積されています。それに、多忙な時期ですから、大がかりな知識のインプットは負担が大きいでしょう。

そもそも「知識」というもの自体が、以前ほど価値あるものではなくなってきています。ひと昔前なら、知識の豊かな人は大いに尊敬されました。しかしネットが普及した今は、個々人が知識を頭に入れずとも、スマホを見れば事足ります。

ですから現代において、「物知り」であることはさほど意味を持ちません。より大事なのは、「今持っている知識を活用する力」です。

その力を鍛えるのが、振り返りです。これまで社会人として何を経験してきたか、どのようなスキルを獲得してきたのか、棚卸しをしてみましょう。

この作業も、大がかりである必要はありません。毎日5分程度、今日したこと、今できていることを書き出すだけです。いたって簡単ですが、その積み重ねは、今後のキャリアや生き方を確実に変化させるでしょう。


振り返りを「学び」にする2つのポイント

振り返りには、2つの目的があります。

1つは、これまでに得た経験の「抽象化・一般化」。個別具体的な経験から学びを抽出し、他の場面でも応用できるようにすることです。

もう1つは、「忘れる」ことです。誰しも長年働いていると、一定の価値観にとらわれやすくなるもの。その結果、発想力や柔軟性が次第に衰えてしまいます。そうなりそうな自分に気づき、固定観念から自分を解放する試みを「アンラーン(unlearn)」といいます。

「今日したことを書くだけで、そんなことができるのか?」と感じた方もいるでしょう。確かに、作業を羅列的に記録するだけでは、効果は期待できません。

お勧めなのは、何らかの「学問」をガイドにすることです。学問こそ、個別具体的な事例から法則性を抽出したもの。つまり、経験を一般化・抽象化するときの助けになるのです。

ビジネスパーソンなら経済学や経営学、法学など、社会科学系の本を選べば仕事との関連性も高く、役に立つでしょう。まずは書店で社会科学系の棚を見て、自分の仕事と関係のありそうな本を買ってみましょう。簡単な入門書で構いません。 

また、全部読み通す必要もありません。仕事と関わりの深い部分だけピックアップすれば十分。本の読み方もまた、「インプット」より「抽出」が、40代以降に適した方法なのです。

本を読んだときの感じ方も、10〜20代の頃とは違っているでしょう。学生時代は理論をインプットするのみですが、年齢を重ねると、経験と結びつけて考えられるようになります。

「あの経験はこういうことだったのか!」と、思い当たる感覚を得られればしめたもの。それは、振り返りが学びになる瞬間です。


一見平凡な経験が「武器」に変わる

「一般化・抽象化」と言うと難しく聞こえますが、アプローチはごくシンプルです。

例えば、過去から現在までに出会った上司について考えてみましょう。部署が変わったりチーム編成が変わったりするごとに、これまで何人もの上司と関わりを持ってきたはずです。

これは一見何の変哲もない、誰もが通る道に思えますね。しかし「学び直し」を経ると、きわめて有用なスキルになる可能性を秘めています。

個々の上司との間で起こったエピソードや、そこで抱いた思いを、とりとめのないままにせず「整理」をしてみましょう。

切り口は自由です。例えば、これまで出会った「見習いたい上司」「反面教師にしたい上司」。なぜそう思ったのか、それぞれどのような行動や考え方をする人だったのか、振り返ってみましょう。

そこにはきっと、自分の価値観に基づく一定の法則性があります。それを見出せたら、「自分は上司としてどうありたいか」という、リーダーシップの指針を持つことができます。

上司との人間関係に苦労した方も、相手の人となりや自分の対応、その失敗や成功の分析を通して、「上司と円滑にコミュニケーションをとる秘訣」といった知恵に結びつけられます。

このように、一見平凡な経験が、優れたコミュニケーションスキルへと変化するのです。これが、「今ある知識を活用する」ということです。

うまく整理できないこともあると思いますが、気にしなくて構いません。工夫すること自体に意味があるからです。経験を捨て置かずに振り返る姿勢が、自ずと学びを生成するのです。