今、コロナ禍もあり、多くの日本企業が厳しい経営環境にさらされ、真価を問われている。経営者には日々、的確な経営判断が求められているが、とりわけ「雇用・人事」面に頭を悩ませることが多いのではないだろうか。

本稿では、そうした経営者が抱える共通の問題に対して、有益な示唆を与えるであろう、京セラ名誉会長・稲盛和夫氏の講話を紹介する。本当に「強い会社」にするためにも、どうやって従業員の心をつかまえるか――。創業期に、経営の最前線で悩み抜くなかで培われた信念を切々と語るこの珠玉の講話には、経営のリアルがある。

※本記事は、稲盛和夫[述]・稲盛ライブラリー[編]『経営のこころ 会社を伸ばすリーダーシップ』(PHP研究所)に収録された47の講話の中の一項(1995年4月26日・「盛和塾」千葉開塾式での講話の一部)を抜粋・編集したものです。【写真提供:稲盛ライブラリー】


業績が悪くなるにつれて、幹部社員が辞めていき、経営がおかしくなる

経営者の皆さんが共通して悩んでおられることがあります。それはどうすれば従業員を掌握できるか、ということです。小さな組織、公認会計士や弁護士など、一般の企業ではない方も含めて、共通していえることです。

例えば幹部社員の育成を怠ってきた、または幹部社員との人間関係ができていなかった。そのために、業績が悪くなっていくにつれて、本当は幹部社員から、中堅社員、末端の社員まで団結して頑張らなければならないのに、そのときになって頼りにしていた幹部社員が辞めていく。そうした問題に直面しているという話をよく耳にします。

まさにそうなのです。弱り目にたたり目といいますか、業績が悪くなって、経営者として非常に心配になってくる。そんなときに、頼りにしていた中堅の幹部が辞めてますます経営がおかしくなっていく。これがいちばんの問題だろうと思います。

経営において大事なのは、従業員をいかに掌握するかです。これが経営の根幹をなすのです。気がついてみたら、自分だけが一生懸命頑張っていて、従業員の心をつかまえていなかった。いまさらそうなってからでは遅いのかもしれませんが、その改善に努めるということが皆さんにもあるはずです。

調子のいいときは、誰でもついてくるのです。給料も出してあげられますし、調子のいいことも言えますから誰でもついてきますが、やはりいちばん大事なのは、業績が悪くなったときに支えてくれる人間なのです。


本当の意味での「強い会社」にするために何が必要なのか

私も経験があります。会社の調子がいいときに「社長、私はあなたを信じていますので、とことんついていきます」と、よく言ってくれる中堅幹部がいました。

私がちょっと皮肉って、「調子のいいときはそう言ってくれる人もたくさんいるんですよ。でも、いちばん大事なのは、もう会社がつぶれるかもしれないというときに踏みとどまって私を支えてくれる人で、そういう人が私はほしいんだ」と言うと、

「それはもちろんです。みんなが辞めていっても私だけは最後まで残ります。たとえ給料が払われなくなっても、私が社長を支えますから」と返してくれる。

実際は、その人が最初に辞めました。そういう調子のいい人は、だいたい辞めていくのです。

私は京セラをつくったとき、従業員と私は家族のような関係でありたいと思っていました。例えば私が育った鹿児島には両親がいて、私は7人兄弟でしたが、その家族のような関係です。

また、私は結婚してすぐに会社をつくりましたので、新しくできた自分の家族と同じぐらいの関係でありたい。従業員とそこまでの関係でなければ、本当の意味での強い会社にはならないのだろうと、まずそう思いました。

経営のケの字も知らなかった私ですが、どうもそこに経営の原点がありそうだと思ったのです。