投資と言えば、株式投資のような「マネーゲーム」の印象がある人も多い。だが、20代から様々な投資に取り組み、31歳で年収1億円を達成した小林昌裕氏は、株とは違う「ビジネス型投資」なら、社会に価値を提供しながら不労収入を得ることができると語る。そのノウハウやロードマップについて取材した。

※本稿は、『THE21』2022年9月号特集「普通のサラリーマンが60歳までに『お金の自由』を手に入れる方法」より、内容を一部抜粋・編集したものです。


老後のお金の不安は「ストック収入」で解消

老後の「お金の自由」を手に入れる。そのためにベストな方法は、何と言っても「ストック収入」を得ることです。

ストック収入とは、一度自らの資金を「投資」して仕組みを作ってしまえば、あとは自動的に不労収入が入ってくるような稼ぎ方のこと。時間を割いて働き、その分の対価を得る「フロー収入」の対義語です。代表的なものとしては、不動産投資が挙げられます。

ストック収入の嬉しいところは、フロー収入と違い、初動さえうまくいけば、その後はずっと勝手にお金が入ってくるところ。逆にデメリットは、仕組み化に失敗し、損をする「リスク」が伴う点です。

例えば不動産投資でも、最初にまとまった額の自己資金投入やローンの借り入れが必要ですよね。今回ご紹介する、その他の様々な方法――レンタルスペースやコインパーキング、トランクルーム運営なども同様です。

だからこそ、「最小のリスクで効率よく成功するためのノウハウ」を知ってもらいたいと思っています。


「ビジネス型投資」で社会的に意義のある収入を

ところで、投資と聞くと、株やFXなどをイメージされる方も多いでしょう。ですが、こうした「トレード」型の投資に対し、今述べた不動産などは「ビジネス型」の投資です。ここには2つの違いがあります。

1つはリスクの大小です。株やFXは、常に損失と隣り合わせ。当然ストレスもかかります。マーケットの推移は自力ではいかんともしがたく、仕事そっちのけでチャートを見てやきもき、という本末転倒な事態にも陥りかねません。資金の追加投入で大失敗、ということもあり得ます。

対してビジネス型投資には、最初に自分が「これだけ出す」と決めた金額以上のリスクはありません。利益を出すために自ら工夫することも可能です。

もう1つの違いは「社会への価値提供」の有無。ビジネスとは、誰かの役に立つことで対価を得るものです。単なるマネーゲームではなく、社会的に意義のあることで収入を得たい、貢献したいと考える方には、特に適した方法と言えるでしょう。


コロナ禍でも急成長の「レンタルスペース」

ストック収入を得る方法は多種多彩です。最も確実なのは不動産投資ですが、今のイチ推しは「レンタルスペース」事業。ワンルームマンション等の一室を、飲み会やパーティー用に貸し出すサービスで、コロナ禍を背景に急成長中。

意外に思われるかもしれませんが、「飲み会はしたいけど、世間の目が気になる」という人たちの間で、こっそり集まれる場のニーズが高まったのです(もちろん感染対策はしっかりしています)。

初期投資の少なさも大きなメリット。このビジネスは、部屋を「買う」必要はなく「借りる」ことから始まります。レンタルスペースとして転貸(又貸し)する許可をオーナーから得られれば、あとは家電等の設備を入れ、用途に応じた装飾を施すだけ。賃料や敷金礼金、仲介手数料などを含めても、初期投資額は80万円以下に収まることが多いです。

あとは、レンタルスペースのマッチングプラットフォームに登録すればOK。1時間2〜3千円で貸し出せば、月々およそ30〜40万円の売上、10〜15万円程度の利益が期待できます。複数軒所有すれば、本業の月収を軽く超えるかもしれません。

リスクとしては、利用者が立てる騒音へのクレームです。稀ではありますが、退去させられることもあります。しかしそれも賃貸なので取り返しのつかない損失にはならず、「軽傷」で撤退できるでしょう。

それと同じく、ニーズの高いビジネスとして挙げられるのがトランクルーム。国土は狭いのにモノが多い日本において、収納への需要は常にあります。

トランクルームには、大きく分けて「屋外にコンテナを置くタイプ」と「建物の中にパーティション等の設備を入れるタイプ」があります。前者は地方、後者は都心に多め。これらはいずれも初期投資に300〜600万円程度かかりますが、成功すれば年間40〜60%もの利回りが見込める場合もあります。