物事を構造的に整理するために役立ち、ビジネスパーソン必須の思考法とされている「ロジカルシンキング」。しかし、現代のように前提が不安定な場合では、必ずしも正しい結論を導き出せるとは限りません。

そこで、ロジカルシンキングを相互補完する思考法として、新たに注目を集めているのが「クリティカルシンキング」です。

「クリティカルシンキングは『目指すもの』を達成するために『自分の頭』で考え、行動し、『周りを動かす』ための実践的な技術なのです。」こう答えるのは、株式会社チェンジウェ―ブ代表・佐々木裕子氏。今の時代にクリティカルシンキングが求められる理由を聞きました。

※本稿は、佐々木裕子著『実践型クリティカルシンキング 特装版』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)より、内容を一部抜粋・編集したものです。


「目指すもの」を達成するための思考ツール

ロジカルシンキングは、物事を構造的に整理するにはとても有効ですが、今のような絶対的な正解のない時代において、それだけでは結果は出せません。

自ら目指すものを設定し、その目標を戦略的に達成していくことが求められ、そのための思考技術がクリティカルシンキングなのです。

ここで大事なのは、クリティカルシンキングは、「思考技術」、つまり「ツール」だということです。道具や手段、考え方ですね。

美味しい料理を手早くつくりたいなら、もちろん切れ味鋭い包丁があったほうがいい。でも、包丁だけ磨き続けて切れ味を鋭くしても、美味しい料理が手早くつくれるわけではありません。

「こんな料理をつくりたい!」と思って初めて、切れ味鋭い包丁が意味を持ってくる。そして、つくる料理がお刺身の盛り合わせなのか、煮物なのか、切る食材が硬いものなのか柔らかいものなのかによって、包丁の使い方や切り方も変わってくるものです。


自分の頭で考え「周囲を動かす」技術

「クリティカルシンキングをすること」は目的ではありません。そして、クリティカルシンキングは、それを覚えると、自動販売機にコインを入れたように「正解」が出てくるというようなツールでもありません。

実際に自分が目指したいものがあって、それを実現するために課題を解決しなければならない。自分も含め多くの人々を巻き込んで説得しなければならない。

もちろん、無駄に時間を使いたくないし、アタマの整理ができていなかったり、ちゃんと本質をつかむことができないことで途方にくれることもしたくない。そのために、つねに砥石で「自分の考える力の基礎力=包丁」を磨いておく必要がある。

一方で、実際には、具体的な場面場面に応じて、自分がどんな包丁さばきをするのがいいかを立体的に考えながら「包丁」を使わなければ、目指す美味しい料理はつくれないわけです。この勘所は、実践の経験を蓄積することによってつかんでいくしかありません。

論理思考やフレームワークなども、本来はツールにすぎないのですが、それを使うこと自体が目的になってしまうことがあります。いろいろ分析して、「で、何のためにやってたんだっけ?」となってしまう。

何のために「自分の頭で考える」のか? 何のために「周りを動かす」のか?

机上の空論ではなく、自分の目指すものに向かって実践的に何を決め、どう周りを動かしていくのか? を考え抜かなければなりません。

つまり実践型クリティカルシンキングとは、「目指すもの」を達成するために、「自分の頭」で考え、行動し、「周りを動かす」ための実践的な思考技術なのです。

「目指すもの」を達成するために、クリティカルシンキングを使う。手段と目的を混同しないようにしましょう。


クリティカルシンキングを勧める3つの理由

そもそも、なぜ「実践型クリティカルシンキング」が今求められているのでしょう?

(1)素早く結論を出すことができる
世の中の変化のスピードがとても速いこの時代。じっくり悩んで考えているうちに、事態は刻々と変わってしまいます。

世界には膨大な情報がありますが、それを全部集めて完ぺきに考えようとするどうなるでしょう?時間がかかりすぎて、結論を出したときには、もうその問題は解決しているかもしれません。

というわけで、クリティカルシンキングを使う1つめのメリットは、限られた時間、限られた情報で、その時点でベストだと自分が思える結論・成果が出せる確率が上がることです。

「限られた時間」。今日もたくさんの演習問題にチャレンジしてもらいますが、10分とか15分とかの短い時間で1本勝負で考えてもらいます。限られた短い時間でも、けっこういい線いくような考え方ができるなと感じてもらえればと思います。

「限られた情報」も、同じことですね。ネットサーフィンをし続けていると、日が暮れてしまう。ある程度の情報を集めたら、打ち止めにする。そのときに手元にある情報の中で仮説を立てられるのが大事なのです。

じっくり時間をかけた完ぺきな結論より、短い時間でざっくりと、筋のよいやり方で結論を出すほうが求められる時代なのです。

(2)経験値のない事柄でも判断できる
1つめの理由とも関連してきますが、変化が激しい世界では、まったく経験のない新しいことに取り組む場面が多くなります。

クリティカルシンキングの2つめのメリットは、必ずしも自分に経験値のない事柄・事象についても、自分の頭で考え、論理的な判断を行う力をつけられること。

自分で経験のあることって、けっこう予想できるし、大きくは外れないものです。でも、正解も前例もないのが当たり前の時代です。経験がないからできません、は通用しません。誰か教えてください、もダメです。

経験がなくても、その人が言っていることがほんとうに正しいのか、ほんとうにそれでよいのか、自分が責任を持って判断するためには、自分で考える力が必要です。

つまり、どんな状況であっても、どんなことに対しても、自分の頭で考える力を磨く手段のひとつが、クリティカルシンキングなのです。

(3)判断の根拠を説明できる
これからの時代は、同僚が外国人だったり、取引先が海外だったり、グローバル化が私たちの身近にぐっと迫ってきます。そこは言外にあるものをくんでもらって……というような阿吽の呼吸でビジネスを進めることは、だんだん難しくなりつつあります。

そもそも、何を目的にしているのか?何をやりたいと言っているのか?どんな人に対しても明快に、わかりやすく説明する必要があります。

クリティカルシンキングの3つめのメリットは、自分の下した判断の根拠について、他人に簡潔かつ論理的に説明できること。

異なる文化的、言語的背景を持っている人にも、わかりやすく、理解がブレないように説明することも正解のない時代を生き抜くために不可欠な要素なのです。