読書をしても、内容を忘れてしまう。アウトプットに活かせない。そもそも読むのが遅い……。読書を習慣にしたくても、そんな悩みを持つ人は多い。多くの本から学び取り、それを確実に活かすにはどうしたらいいのだろうか。1年に1,000冊読み、400本の記事を書くコラムニストの尾藤克之氏に、アウトプットに活かす読書術についてうかがった(取材・構成:林加愛)。

※本稿は『THE21』2020年7月号より一部抜粋・編集したものです。


読書のゴールはアウトプットにあり

「読書術」というと、「速く読む方法」を連想される方が多いでしょう。昨今、巷では「速読」「瞬読」などテクニカルな読書法が注目を浴び、講座に通う人も増えているようです。

しかし、速く読むこと自体にさほど意味はないと思います。私自身は書籍紹介記事を多数書いていることもあり「1冊10分」で読む術を持ってはいますが、速さ自体に価値を置いているわけではありません。

本は本来、「好きに読んでよい」ものです。自分に合った方法で読むのが一番ですし、「読み始めたら最後まで読まなければ」「名著だそうだし、読んでおかないと」などの義務感も必要ありません。

読みたい本を選び、楽しみながら読んでこそ、読書は幸福な体験となります。それは結果として、速く深く読むことにもつながるでしょう。

そうした読書が最終的に「身になる」わけですが――そこに至るにはもう一つ、必要なプロセスがあります。それは、反復することです。読んでいる間にどれほど没頭しても、記憶はすぐに薄れるもの。

有名な研究なのでご存じの方も多いでしょうが、記憶の残存についての「エビングハウスの忘却曲線」によると、人は何かを学んだ後、20分でその内容の42%を、1時間後で56%を、1日後には67%を忘れてしまうそうです。

忘却を防ぐには、間を置かずに何度も読み直すことが必要です。24時間以内に10分間復習、一週間以内に5分復習、という具合に反復・咀嚼すれば、内容は記憶に定着し、真に「身になる」読書となるのです。

この反復に、もっとも効果を発揮するのが「アウトプット」です。概要と感想を書き出す、人に話す、読書会で共有するなどの方法で、読書体験を出力すること。読書を始めるときはいつも、ここをゴールに設定しましょう。


ラクで楽しい本が発見を連れてくる!

さて、「そもそも読書に慣れていない」という方も多いでしょう。近年、日本人の「読書離れ」が進んでいることは確かです。しかし皆が文章に触れなくなったわけではないはずです。

ほとんどの人は日々多くのネット情報を読んでいますし、ビジネスパーソンならば資料やレポートの長い文章にも目を通すでしょう。ですから、読書を楽しむことは決して難しくありません。

まずは「どんな本が読みやすいか」を探ることから始めましょう。私も読書に親しみ始めた頃、その探索をしました。小学2年生で、夏休みの宿題の読書感想文を書いたときのことです。

1冊でよいところを「1日1冊×夏休みの日数=42冊」の感想文を書いて提出、区に表彰されてしまったのですが(笑)、それは「どんな本を好むか」を知る原体験となりました。

最初は中高生が読むようなライトノベルに手を出しましたが、7歳にわかるはずもなく挫折。次に偉人伝を読みました。豊臣秀吉の伝記が面白かったので、そこから信長、家康……と関連人物を追いました。

すると、秀吉の伝記だけでは理解の及ばなかった部分が、別の角度から補強されていくのです。合戦の概要や時代背景などが、2冊、3冊読み重ねるごとに立体的に見えてくる。この経験は極めて刺激的でした。こうして私は歴史好きとなり、現在に至っています。

このように、最初から難しすぎるものを選ばず、そのときの自分が楽に読めるものを選ぶことが大切。次いで、同じレベルの何冊かにあたってみます。その中で「面白い」と感じるものに出会えたら、同テーマで切り口の違うものに当たりましょう。この方法で、好奇心のありかがわかってきます。