「うつ」と食事の意外な関係が明らかに!

現在、働く人の間でうつ病や不安障害などといった精神疾患に苦しむ人々が増えている。一般的に、原因は生活や仕事でのストレスだと考えられているが、医師の溝口徹氏は、「脳の栄養不足」が原因の一つであると指摘する。なぜ、栄養バランスの乱れが、慢性的な精神疾患を引き起こすのか。栄養を補完することで症状を緩和する治療法、オーソモレキュラー療法の第一人者である溝口徹氏に、うつと栄養の関係、そして脳を元気にする食事についてうかがった。

穏やかに暮らすコツは神経伝達物質のバランス

 私は日々の診療を通じ、「脳の栄養不足」が、うつの原因の一つではないかと考えています。うつ症状を訴える患者の血液を検査すると、極端な栄養不足が見られるケースが多いからです。

 私たちが穏やかで気分良く過ごすには、感情や感覚といった情報を伝える神経伝達物質のバランスが重要です。脳内で、セロトニンなどの調整系、ドーパミンやグルタミン酸などの興奮系、GABAなどの抑制系の神経伝達物質のバランスが取れている状態が望ましい。

 しかし、脳の栄養が不足すると、神経伝達物質がうまく合成されずに、そのバランスが崩れてしまいます。これにより、そわそわしたり、イライラしたり、不安や恐怖を感じるといった心の不調が現れるのです。

 もっと具体的に説明しましょう。

 まず、食事によって摂取されたタンパク質は、血液中でアミノ酸に分解され、L-グルタミン、L-フェニルアラニン、L-トリプトファンとなって脳内へ入っていきます。その後、ビタミンB群や鉄、マグネシウムなどの栄養素を必要とする化学反応によって、様々な神経伝達物質が合成されるのです。

 しかし、栄養不足になると、その流れが途切れて生成できないという事態が生じてしまいます。すると、先ほどの三つの神経伝達物質のバランスが崩れ、心身に不調をきたします。