<糖尿病は中高年の病気だと思っている方は多いのではないでしょうか。しかし、必ずしもそうではありません。

これは不摂生をしていたものの、若いうちに糖尿病になってしまった夫を気遣い、夫婦で糖尿病克服を目指している妻マルコさんによるコミックエッセイ『うちの夫が糖尿病になっちゃった! ズボラ夫が血糖値を下げた方法』から抜粋したものです。>


空腹時血糖値がまさかの300㎎/dl超え!

なかなか治らない風邪に「俺は結核で死ぬかもしれない!」という衝撃発言から、健康診断を受けた結果、まさかの数値をたたき出して糖尿病が発覚した夫。

こうして夫と妻である私マルコが、夫婦揃って糖尿病と闘うことになってから、月日もずいぶん経ちました。

糖尿病は一度罹ると一生治らない病気と言われ、油断すれば合併症によって神経障害や失明、腎不全や認知病などを引き起こしてしまう恐ろしい病気です。ただ、早いうちに上手に血糖値をコントロールすれば、日常生活を不自由なく暮らすことができます。

糖尿病になってからはや4年。現在、夫の状態は安定していて、特に大きな問題もなく私たち家族のために元気に働いてくれています。

そして、これまでの経験から大切なことが2つあることがわかりました。
それは「食事」と「運動」!……まあ、当たり前といえば当たり前なのですが。

2型糖尿病の原因は、生活習慣や食生活の乱れ、ストレス、運動不足などが主な要因と言われています(遺伝的な要素もあると言われています)。

うちの夫もそうでした。仕事はデスクワークのうえ、フリーなので常に自宅。夜は缶酎ハイ片手にチョコを食べながらドラマを見るのが楽しみでした。

健康診断で糖尿病が発覚した後、「教育入院」をした際には動脈硬化症の傾向が見られて、またショックを受ける始末。自業自得なんですけどね。


糖尿病になってわかる「野菜」の重要性

そこで紹介します。私たちが実際に試してみてわかったこと、まずは食事から。

食事は何といっても基本は野菜。特に旬の野菜には、栄養素がたくさん含まれています。

食べ方のポイントは、「ベジファースト」! 聞いたことがある人も多いはずです。食事の際に野菜を最初に食べることによって、糖質や脂質の吸収を抑え、血糖値が上昇しにくくなります。

また、先に野菜をたくさん食べておくことで食べ過ぎを防ぎ、さらに繊維質が多いので腸内環境を整えることができます。

職場でランチやコンビニ食をするときには、主食とは別のメニューとして野菜サラダを食べることをおすすめします。ちなみに、サラダといってもポテトサラダやマカロニサラダなどは炭水化物(糖質)がかなり多いので避けるようにしましょう。

また外食の場合、基本的に塩分が高く、ご飯ものや麺類などの炭水化物主体の食事に偏りがちになります。

野菜が少なく栄養バランスもわかりづらくなりがち。丼ものや麺類は避け、定食でなるべくおかず数が多く、野菜がたくさん使われているものを選ぶようにします。

コンビニを利用する場合は、野菜サラダのほか、サバやサンマの水煮缶、サラダチキン、ゆで卵、チーズなど、低糖質のものを中心にメニューを組み立てると、ダイエット効果にもなります。