運動こそが「魔法の薬」

さて、もうひとつ、糖尿病のコントロールに大切なのが運動です。

皆さん、「マジック・ピル(魔法の薬)」って知っていますか?
マジック・ピルとは何と、「運動すること」なんですっっっ!

運動をすると、血糖値が下がる、血圧も下がる、中性脂肪が減る、悪玉コレステロールが下がるなどなど。糖尿病やその他の生活習慣病を克服する効果があるんですよ!

糖尿病の人は、週に4時間以上のウォーキングをすると心臓病のリスクが大幅に低下するんだそうです。また、日本人だけの調査でも、毎日1時間以上歩く人は、脳梗塞や心筋梗塞になりにくいということなんです。

でも、だからといって無茶をして長く歩き過ぎると、逆に心臓や足、膝、腰などに負担をかけてしまうことになるので、自分の体調などを踏まえて運動を取り入れてくださいね。

さらにお得な情報です。ウォーキングを1日1万歩するよりも効果的とされる方法があるんです。それは、

食後10分間ウォーキング!!!

食後は血糖値が上がりやすくなります。そこで有酸素運動を10分行うと、死亡リスクが大きく低下すると言われています。

そのほか、10秒かけてゆっくり腰を後ろに突き出すようにして落とし、2秒キープしてから立ち上がる「スロースクワット(10回×3セット)」、背筋を伸ばして立ち、両足のかかとを上げてつま先立ちし、ストンと落とす「かかと落とし(30回×1セット)」など、天気の悪い日や猛暑日など外に出られないときや、職場の休み時間に室内で簡単にできるので、試してみてください。

うちの夫もこれで血糖値コントロールをしています。日本には糖尿病患者と予備軍を合わせて2000万人以上いるという調査結果があります。

あなたの家族、そしてあなた自身も、もしかしたら予備軍かもしれません。ぜひとも、上手な食事のとり方と毎日の運動を心がけてくださいね。