コロナ禍こそ歯科健診を受けよう

コロナ禍の中で、歯科医院に行くことに不安を持つ人は少なくありません。しかし、コロナ禍だからこそ、口腔衛生に気を付けるべきなのです。実は、日本の歯科医院では例外的な一例を除いて、新型コロナウイルスのクラスターは発生していません。

なぜかというと、コロナ禍以前から歯科医院では、診療スタッフのマスク、ゴーグル、グローブの使用と、治療器具の滅菌、ディスポーザブル(使い捨て)の導入を進めてきたからです。

また、歯科医院では治療や検査の始まりや途中で、患者さんには繰り返し「うがい」をしてもらいます。これは歯科ならではのことなのですが、これがクラスターを発生させないことにつながっているのではないか、とする声もあります。

もちろん、待合室が密にならないように間隔を開けたり、予約制にして患者さん同士の接触機会を減らすなどの努力もしています。コロナ禍だから受診を手控えるのではなく、感染を防ぐためにも歯科健診を受け、口腔衛生を高めるべきなのです。


口腔衛生は"誤嚥性肺炎"と"認知症"を防ぐ

お口のケアは、誤嚥性肺炎や認知症の予防にも役立ちます。その仕組みはこうです。誤嚥性肺炎とは、唾液が誤って気管支に入り込むことで起きる肺炎。命を落とすことも珍めずらしくない重大疾患です。

歯周病菌は歯と歯肉の隙間にある「歯周ポケット」に潜んでいます。ここで増殖した歯周病菌が唾液に混入し、それを誤嚥することで誤嚥性肺炎を引き起こすのです。

同様に「アルツハイマー型認知症」も、歯周病との関係が近年指摘されています。歯周病になると、歯肉から血管に抜け穴ができます。その穴を通じて歯周病菌が血管に入り込み、血液に乗って全身の臓器に流れていくのです。

流れていく先には「脳」もあります。歯周病菌の中でも悪性度の高い「Pg菌」という菌が脳に到達すると、そこで毒性物質を放出し、これがアルツハイマー型認知症の原因である「タウタンパク」というシミを作り出すのです。日頃の口腔ケアで歯周病を予防すれば、こうした病気の元を断つことができるのです。