人前で食事ができない会食恐怖症に苦しんだ自身の経験を活かして、極度の小食や偏食の「食べない子」を専門にした食育カウンセラーとして、これまで全国で3000人以上の保護者を指導してきた山口健太さん。

子どもの小食・偏食をなおすためには大人の意識改善が必要だといいます。本稿では子どもが初めての食材や苦手な食材を食べるときのコツ等をお伝えします。

※本稿は、山口健太・著『食べない子が変わる魔法の言葉』(辰巳出版)より、内容を一部抜粋・編集したものです。


大人が美味しく食べることで、食材にポジティブイメージを

初めての食材は、子どもにとっては怖い存在です。大人でも、海外旅行先で見たことのない料理が出てきたら、ちょっと怖いですよね。人生経験わずか数年の子どもにとっては、そういった食材や料理がたくさんあるのです。

大人の場合、物事を考える時に、無意識に具体概念と抽象概念を行き来させることができます。だから、もともとりんごを知っていて、初めて梨を見た大人がいたとしても、「これは形がりんごに似ているから、それと近い果物なんじゃないかな?それなら食べても大丈夫だろう」と考えられます。

しかし、子どもは具体と抽象が行き来する思考力が未発達です。つまり、りんごを知っている子が初めて梨を見た時に「同じようなもの」と認識することは難しいのです。だからりんごを食べられる子でも、初めて見る梨を警戒します。

特に子どもは少しの違いにとても敏感です。こういった場合は大人が、「これはりんごの仲間で、甘くて美味しいんだよ」などと教えてあげることが大切です。

また、「同じメニューのはずなのに、いつもと少し違っただけで、子どもが食べない」という経験を持つ方も多いのではないでしょうか。

たとえばいつも食べているお母さんのカレーを、子どもは「これがカレーなんだ」と認識していた場合、おばあちゃんが作ったカレーは、「いつものカレーじゃないから、これは初めての料理だ」と認識してしまうのです。こういった場合は、「これもカレーの1つなんだよ」と時間をかけて教えてあげることで解決します。

ですので、苦手なものや初めてのものでも、「食べなくても」並べた方が良いのです。まずは知ってもらったり、目を慣らしたり、興味を持ってもらうことがとても大切です。

子どもの場合は、「食べないと思っていたのに、いきなり食べた」ということが本当によくあります。セミナーなどでもよく「これは食べないだろうと思っても、食卓には並べておいたほうが良いですよ」とお伝えするのですが、その日のうちに「食べないだろうと思っていたものを晩ごはんに並べたら、自分から食べてビックリです」と報告をいただくことがあります。

ちなみに、食卓に並べるというのは、子ども用に用意するというわけではありません。まずはお母さんやお父さんが食べるだけでも良いのです。そうすると、必ずといっていいほど子どもは興味が湧くものです。

小さい頃、コーヒーを飲んでいる大人に憧れた方も多いのではないでしょうか。今、コーヒーを飲んでいる大人は、「コーヒーをちゃんと飲みなさい」と、子どもの頃に強制されていないはずです。きっと大人が飲んでいて、憧れのようなポジティブイメージをコーヒーに対して抱いたから飲むようになったのでしょう。

ですから、「食べなくてもいいから、苦手なものや初めてのものでも食卓に並べてみる」ことをまず実践してみることが大切です。


子どもが食べるようになるまでのスモールステップを大切に

「食べない子」が「楽しく食べられる子」になるためには、大人と子どもの「食べるまでのステップのズレ」を認識する必要があります。

大人が想定する「食べられない」から「食べられる」までの段階は次の3ステップ程度です。

1.苦手なものがある
2.一口でも食べさせてみる
3.子ども用に取り分けてみる

しかし、子どもが実際に感じているステップは、次のようなイメージです。

1.苦手なものがある
2.食卓に並んでいる
3.親が食べている
4.その食べ物について関心が出てくる(これ、なんだろう?)
5.その食べ物についての情報を得る(これって、そういう食べ物なんだ!)
6.食べ物について興味が湧く(ちょっと気になるなぁ)
7.試しに匂いを嗅いでみる
8.ペロッと味見をしてみる
9.一口食べてみる
10.自分用として食べる

これくらいの差があります。
これを頭に入れておくメリットはたくさんあります。

まず「食べていない状態でも、食べるための準備は子どもの内側で始まっている」と理解できるので、親があまり焦らなくなります。

そして、1つ1つのステップが非常に細かいので、「今この段階だから、次はこうしてみようかな」と具体的な行動プランを立てやすくなります。

また、子どもとの関わり方として非常に大切なのは、「常にできているところ(少しでも前に進んだ部分)」を見ることです。そうすると、さらに食べてくれるまでのスピードがアップします。

たとえば「料理の匂いを嗅いだだけで食べなかった」ことがあったとします。そういう時に今までだったら、「せっかく作ったのに匂いを嗅いだだけで、食べないなんて」と思っていたかもしれません。それを、「今日は匂いを嗅いだから一歩前進したな」と見てあげるようにするのです。

「本当にそれでいいの?」と思うかもしれませんが、まずはここから始めることが大切です。焦りすぎず、「1ヶ月に1つステップアップしたら順調」といっても良いくらいです。その上で、「できているところ」を見ていくようにしましょう。


迷ったら「自分が楽しい方」を選ぶ

食卓でのコミュニケーションにおいて、意外と重要なことがあります。それは、「迷ったら『自分が楽しい方』を最優先にする」ということです。
「子どもにとっての楽しい方」ではありません。「あなたが楽しい方」を最優先にするという意味です。

これは先に挙げた給食を残す子がいない保育園、「さくらしんまち保育園」でも大切にしていることです。

ある時、おやつの時間に部屋にジャズミュージックが流れていました。小嶋園長先生はその意図について、「実験的な取り組みですが」という前置きの上で、「子どもたちがリラックスすることはもちろんですが、それ以上に現場の先生たちに少しでもリラックスしてほしいから」と教えてくれました。

お家でも、子どもの楽しさばかりを優先すると、自分の心の充実が疎かになってしまい、結果的に食卓の空気はどんよりしてしまいます。

子どもがどうしても食べてくれない時、親御さんはつい「ここで踏ん張らないと」と思ってしまいますよね。でも、それで大人がしんどくなってしまっては、結果的にイライラが募り「なんで食べないの!」という結末になりがちです。そんな時は思い切って「今日は諦める」という選択肢を選びましょう。

「苦手なものも食卓に出さなくてはいけないから」と、無理に毎日子どものためのメニューを考える必要もありません。お母さんが「今日はこれが食べたい」と思ったら、今日の献立はお母さんの食べたいものにして良いのです。

「お菓子を控えさせないと……」と思いすぎて、自分までお菓子禁止にすることもありません。時にはお子さんと楽しくお菓子を食べてもいいし、たまには一人でこっそり食べたって良いのです。

親の心が安定していれば、食卓の雰囲気も明るくなります。それがお子さんの食のサポートにもなるのです。

【山口健太】
一般社団法人日本会食恐怖症克服支援協会代表理事、「食べない子」専門の食育カウンセラー、『月刊給食指導研修資料(きゅうけん)』代表・編集長。岩手県盛岡市出身。著書に『食べない子が変わる魔法の言葉』(辰巳出版)、『会食恐怖症を卒業するために私たちがやってきたこと』(内外出版社)、『会食恐怖症が治るノート』(星和書店)など。