50代以降の収入と支出の収支を算出してみよう

生命保険文化センターの調査によれば、夫婦二人の老後の生活費は、最低限必要な生活費で暮らす場合は月22万円、ゆとりのある生活がしたければ月36万円が必要になるということです。

これ以外に、ここまでお話ししてきたように、介護費や医療費を準備しておくことや、家のリフォーム代などの出費にも備えておく必要があります。こうした月々の生活費と、それ以外に必要になる出費を合わせれば、老後にいくらお金が必要になるか、おおよその額を算出することができるはずです。

一方、これからの人生で収入がいくら見込めるかについても、前述した収入ダウンの「4つの崖」を経て、今後、収入がどう変化していくかを予測することで、おおよその額が掴めるはずです。

役職定年や再雇用時に収入がどう変わるかや、退職金がいくらになりそうかは、自分が勤めている会社に問い合わせれば教えてもらえます。また、年金の支給額については、日本年金機構から誕生月に送られてくる「ねんきん定期便」に見込額が記載されています。

ただし、この見込額は、50歳未満の人については、これまで払い込んできた金額で、いくら受け取れるかを算出したものなので、あまり参考になりません。50歳以上の人については、60歳まで同じ給与水準のまま働き続けると仮定したうえで、将来受け取れる見込額が記載されています。

こうして50代以降の大まかな収入と支出の総額、さらには現在の資産額(貯金など)と負債額(住宅ローンなど)が掴めれば、「自分たちには、老後を安心して暮らせるだけのお金の余裕はありそうか」「余裕がないとすれば、いくらぐらい足りないか」が見えてきます。

もし足りないことがわかったとしたら、今のうちから何らかの対策を講じておく必要があります。株式や不動産投資などの勉強をしたうえで、資産運用でお金を増やしていくというやり方もあるでしょう。

定年退職後や再雇用の終了後も働き続けることを選択するのなら、組織に頼らなくてもお金を稼げるだけの強みや特技を作っておくことが大切になります。