おっぱいは、出産したあとの哺乳類のメスだけが出すもの。その常識に、「待った」をかけるのが帯広畜産大学教授の浦島匡氏です。

妊娠していない「メス」がおっぱいを出した例から、特定の状況下で「オス」がおっぱいを出す可能性まで。おっぱいには、また知られていないことがたくさんあると同氏は語ります。

浦島氏をはじめとする生物学者たちがあらゆる角度からおっぱいの謎にせまる著書『おっぱいの進化史』より、わたしたちの中にある「おっぱいへの固定観念」を揺さぶる一節を紹介します。

※本稿は浦島匡、並木美砂子、福田健二 共著『おっぱいの進化史』(技術評論社刊)より一部抜粋・編集したものです


「オス」もおっぱいを出す……? 可能性を示す逸話も

おっぱいは、出産したあとの哺乳類のメスだけが出す──常識的には間違ってはいません。なのに、おっぱいを出さないオスにも乳首があるのは、とてもふしぎなことです。

メスでも、「擬妊娠」(想像妊娠)と呼ばれる「妊娠と似たような兆候が体に表れるが、実際には妊娠していない」状態になったマングースやイヌがおっぱいを出したケースが確認されています。

また、妊娠も擬妊娠もしていないメスに子どもを近づけたらおっぱいを出し始めたということが、ヤギやラット、飼育している霊長類やシロイルカなどで観察されています。

少し飛躍しますが、そう考えると動物のオスや人間の男性がおっぱいを出したというケースだってあり得るかもしれません。

おっぱいの分泌は、プロラクチンというホルモンが働いて開始されますが、じつは血液の中のプロラクチンは妊娠していないメスや、濃度は低いながらオスももっているのです。

またオスの乳首を刺激すると、血液の中のプロラクチンの濃度が高まったという例もあります。実験的にも確認されていて、ラットのオスにラクトゲンというホルモンを与えたところおっぱいを出し始めた例があります。どうやら可能性はありそうです。

人間の場合でも、第二次大戦中に栄養不足に陥った捕虜が解放され、十分な食糧を与えられた後におっぱいを出したというエピソードがあります。

この男性は抑留期間中に肝臓、精巣、脳下垂体の機能不全に陥ってしまったそうです。解放された後に精巣と脳下垂体の機能は回復されましたが、肝臓の機能回復が遅かったのでホルモンのバランスを崩したことが原因のようです。

こうした特別な状況下ではないオスは、子どもにおっぱいを与えるようなことはないのでしょうか。


「役立たず」の乳首がオスに残されたことの意味

マレーシアのダヤックフルーツコウモリの集団では、捕獲された18匹のうちの13匹がオスで、そのうちの10匹が、乳腺から少量のおっぱいを出したといいます。

このオスの乳首は、おっぱいを出しているメスの乳首よりも小さくはあったものの、よく観察してみると、機能的にメスと同様でした。しかし、3匹の大人のメスから集められたおっぱいが350マイクロリットルだったのに対し、2匹のオスから集められたおっぱいの量は4〜6マイクロリットルでだいぶ少量です。

ダヤックフルーツコウモリのオスが、実際に子どもにおっぱいを与えていたかどうかはだれも観察していませんが、おっぱいを出したオスは活発な精子ももっていたので、先の人間のケースのように、機能低下が原因ではないのでしょう。

コウモリは一夫一妻で、両親で子供の面倒をみます。もしも実際にオスも子どもにおっぱいを与えるということがあったとしたら、自然の神秘さを感じないではいられません。

ダヤックフルーツコウモリのオスだけではなく、2014年には淡路島でオスのヤギがおっぱいを出し始めたという話がありました。授乳中の仔ヤギが、母ヤギから引き離されて鳴き始めたところ、近くにいたオスヤギがかわいそうに思ったのか、おっぱいを出すようになったとのことです。

世の中の男性には、小さいながらも乳首がついていることはみな知っているし、それは役には立っていないと思っています。しかし、なぜそこにあるのでしょう。もしかしたら、環境の変化に対応できるように自然が与えてくれている予備のようなものかもしれません。

そもそもメスでさえ乳首をもっていない生き物も存在します。現在の哺乳類で、もっとも祖先的と考えられている単孔類です。ただし、母親のおなかに「乳嚢」という、おっぱいが分泌される場所が2か所あります。

それぞれの乳嚢には100くらいの小さな孔が開いたミルクパッチと呼ばれる部分があり、赤ちゃんはそこから分泌される乳を舐めとるようにして受け取ります。

おっぱいには、まだ知られていないふしぎがたくさんあるのです。