1300年も前からお米やお酒をはかる道具として使われてきた「枡(ます)」。岐阜県大垣市が枡の生産日本一だってご存知でしたか?伝統的・縁起物といったイメージがある枡ですが、最近その姿が進化しているという噂が!大垣で3代にわたり枡作りを続ける「大橋量器」が生み出す今“ほっと”な枡を取材してきました。

枡ブーム来てマス!

岐阜県大垣市は、全国の「木枡」の約8割を作る日本一の枡産地。かつて木曽ヒノキの一台集積地だった名古屋で奉公を終えた職人の一人が、大垣に戻ったことから枡づくりがはじまり、戦後もたくましく発展していったそう。
今では市内で製造する会社はたったの5社に。それでも合わせて年間200万個を生産しているそうです。

東京の人気カフェ「SALON GINZA SABOU」のパフェ枡は大橋量器製!

最近では、東京の人気カフェで出されるパフェの器として、苔玉を入れたミニ盆栽、枡ごと湯船に入れるバスソルトなどと用途を広げ、枡の魅力が再注目されています。また海外での和食ブームも手伝い、大垣の枡は世界からもラブコールが絶えません。

今回は、そんな大垣で1950年の創業以来、3代にわたって枡づくりを続ける大橋量器さんが営むお店「枡工房 ますや」へ行ってきました。今ふたたび注目される枡の世界を覗いてきたいと思います!

潔いくらい枡しかありません!「枡工房 ますや」

枡形の看板が目印!

岐阜駅から大垣駅までは、JR東海道本線新快速で約10分。そこから約15分ほど歩くと「枡工房 ますや」に到着します。

扉を開けると同時に、鼻をくすぐるヒノキのあま〜い香り。押し寄せるリラックス効果。店内を見渡す限り、枡のオンパレードです!

佐藤さんは枡をこよなく愛する枡女=マスジョ。

今回取材にご協力くださったのは、今年大橋量器に就職したばかりという佐藤さん。“街のいいものを残していきたい”という想いで日々仕事に励まれています。

大量のヒノキ板材。家を作る際などに余ったものを使うので枡はとってもエコ。

「ますや」は店舗兼工房。まさに枡生産真っ只中の工房内を少しだけ見学させて頂くことに。失礼します!

工房内は機械の音が響き渡りかなりの熱気。店内よりもよい濃厚なヒノキの香りに包まれます。スタッフの方は各持ち場について黙々と作業を行っていらっしゃいました。

下面、右面、左面、上面と4面同時に削る「モルダー」という機械。

板材をカットする「駒切り」。枡の寸法に合わせて20枚同時にカットします。

山のようなカンナくず!これらは梱包財として利用されます。

できたてほやほやの枡をきれいに一つ一つ手作業で面取りします。

オーダーによって焼印機で名入れも。

アイデアと技術を詰めこんだ“変わりマス”

意外に安定感ばっちり。 すいちょこ 1,620円(税込)

店内では大橋量器のオリジナル商品のほか、デザイナーや他企業とコレボレーションした多くの枡が販売されています。枡といえば四角形。でも店内にはそんな常識をくつがえす変わった枡がザクザク!

こちらは「すいちょこ」。戦国武将が飲む杯をイメージして作られた三角形のおちょこで、グッドデザインも受賞しているそうです。置いてあるだけでフォトジェニックなお酒の席になりそう。

“マスマス”福よこ〜い! 八角形の枡 3,240円(税込)

五角形の枡よりさらに難しい職人技で作り上げた「八角形の枡」。末広がりの「8」で、縁起物としても大人気!

枡で飲むワイン、粋ですねぇ〜 アポロワイン枡 3,780円(税込)

枡で飲めるのは日本酒だけではございません。こちらはワインの香りが逃げないように飲み口がすぼまった「アポロワイン枡」。ヒノキの香りがワインの香りを邪魔しないように、ウレタン加工が施されているそう。

塗りのジョッキ枡(取っ手付) 3,780円(税込)

「塗りのジョッキ枡」ではぜひビールをどうぞ。グラスよりも長時間冷たく保つことでき、泡がクリーミーになるそう。試してみたいものです

ColorMasu(カラー枡) 1,296円(税込)

伝統的な枡のイメージをガラッと変える「カラー枡」。カラフルなグラフィックに彩られた枡は、お酒用としてだけでなくインテリアにも可愛いと大好評♪ニューヨークのファッションブランド「ポール・スミス」の売り場にも並んだこともあるるんだそう!

HAKOMASU(ハコマス)【トレー】 540円(税込) 〜

枡本来の計量器としての収納力を生かしてつくられた枡コンテナ「HAKOMASU(ハコマス)」。いくつか組み合わせて使うこともできて、アクセサリーやカトラリーケースなど用途は無限!

いこいシリーズ yuremasu 1,296円(税込)

揺れマス・・・♪(笑)

自社製品愛ってスバラシイ◎

枡を撫でながら「枡の角のつくりのきれいさはどこにも負けないと思います!」と自信たっぷりに佐藤さん。大根の「面取り」のように、枡の角を丸くすることでやさしい手触りや口当たりを実現しているのだそう。確かに触ってみると一枚板のようにすべすべ。

枡ジョの“推しマス”に注目♡

枡ピアス 2,400円(税別)

佐藤さんに日常で実際に使っているアイテムを聞いてみるとひとこと。
「私、お米は枡ではかってるんです!」

「枡で“すくう”という行為が、なんか日本人らしいなぁって思えてすごく好きで。ぜひやってみてください♪」

お米をすくう行為ひとつでも枡への愛が溢れる佐藤さん。目をキラキラさせて話す姿が、まさに枡ジョの鏡。“丁寧な暮らし”に憧れつつも、ふだんなんの意識もせず軽量カップでざっくりやっている自分を思い出して、憧れのまなざしを向けてしまうのでした。。。

そんな佐藤さんイチオシ枡は他にも。ミニサイズの枡が揺れるピアス。普通のサイズと全く同じように作られているそうで、その手仕事は熟練の技ならでは!浴衣に合わせるのがおすすめだとか♡

Math Salt 810円(税込)

他にもバスソルトならぬ「枡ソルト」はギフトにもってこい。枡ごとお風呂にドボン!と入れれば、ヒノキとアロマの香りに全身リラックス♪枡の底面に刻印されたヒミツのメッセージが、受け取った相手に幸せをお届けしマス。

エコ加湿器 マスト 6,480円(税込) 〜9,720円(税込)

船のような形のこちらはなんと加湿器。枡作りの工程でできるカンナくずを利用した帆の部分が水を吸い上げ、自然な潤いとヒノキのほのかな香りを広げてくれマス。

外国人も熱視線!海を超えて愛される岐阜マス

ヒノキ・ストレージ・コレクション(包丁立て、調理器具立て、卓上小箱、卓上道具箱、保存箱、トレイ)

新宿や渋谷に店舗をもつイギリス発のインテリアショップ「ザ・コンランショップ」。その世界的デザイナーであるセバスチャン・コンラン氏が、岐阜県の歴史ある伝統工芸を製造する企業10社とコラボレーション!そのひとつとして、大橋量器はコンラン氏と「ヒノキ・ストレージ・コレクション」を開発しました。

2017年1月には、インテリア界での“パリコレ”とも言われる「メゾン・エ・オブジェ」でもお披露目され、華麗に世界デビュー!目の肥えた来場者にも確かなインパクトを与えた大垣の枡。ヨーロッパの家庭に枡がある風景もそう遠くはないかもしれません!

“枡ライフ”はじめました。

リップマーク付きマス♡

寸分の狂いなく継ぎ合わされた木と木の継ぎ目。ムダのない凜とした佇まい。1300年のときを経ても、なお私たちの生活にそっと寄り添ってくれる枡。そんな姿にすっかり魅了されてしまった筆者は、ステキな枡をひとつ購入。

いつか「お米は枡ではかってマス」って言いたくて。

【おまけ】通行手形でぷらっと大垣プチ観光♪

付属のリーフレットにはおもてなし協力店で使える100円クーポン付!

店内で見つけたミニ枡「ぷらっと大垣通行手形(税込500円)」。大垣は、松尾芭蕉の「奥の細道」むすびの地でもあり、地下深くからおいしい水が湧き出る“水の都”としても知られています。駅通り一帯には和菓子の老舗や豆腐屋などが多く街歩きも楽しみのひとつ♪

手形を購入すると、大垣の8つの文化施設、また22ヶ所のおもてなし協力店の中から6カ所で入場無料やプレゼントのサービスが受けられちゃいます。ぜひ手形を利用して大垣さんぽも楽しんでみてくださいね♪

※通行手形は「枡工房 ますや」のほか、西美濃観光案内所、おもてなし協力店で販売中!

【施設名称】枡工房 ますや
【住所】岐阜県大垣市西外側町2-8
【電話番号】0584-78-5468