感染者がこれだけ増えてくると、自分の振る舞いが試される局面が突然訪れることも想定しておくべきだろう。大人力について研究を重ねるコラムニストの石原壮一郎氏が指摘する。

 * * *
 全国の新型コロナウイルスの国内感染者数は、8月20日現在で6万人を超えました。5万人を超えたのは、たった9日前の11日です(NHK調べ)。もはや誰にとっても、「いつ自分がコロナに感染しても不思議ではない状況」と言えるでしょう。

 もちろん十分な感染対策は欠かせませんが、かくなる上は「自分もいつか感染する」という前提で心の準備をしておきたいところ。無闇な特別視や恐怖心は、感染者に対する理不尽な攻撃や差別につながりかねません。「人ごとではない」という認識を持つことは、不運にも感染した人にあたたかいいたわりの目を向ける必須条件です。

 もし感染した場合、療養や治療に関しては専門家に頼るしかありません。今のところ60代以下で持病がとくにない場合、無症状だったり軽症で済んだりする可能性が高いようです。あらかじめ心の準備をしておきたいのは、幸い回復してまた仕事に復帰するタイミングで「周囲に向けてどんな挨拶をすればいいか」ということ。

 さんざん言われていますが「怖いのはウイルスよりも人」です。残念ながら、誰がどんな偏見や悪意を持っているかわかりません。「感染者=迷惑をかけた悪者」という前提で、非難や批判をぶつけてやろうと手ぐすね引いている人もいるでしょう。

 復帰の場面での挨拶のお手本にしたいのは、コロナから回復した芸能人のコメント。たとえば7月中旬に感染を発表したお笑いタレントで歌手のはなわは、同31日に自らのブログに「ご報告。」というタイトルの一文を掲載しました。

〈この度は私の新型コロナウイルス感染により、関係者の皆様、応援してくださっている皆様に大変なご迷惑とご心配をお掛けしてしまい、誠に申し訳ございませんでした。
私自身、コロナウイルス感染確認後、保健所の指導のもと、都内病院に入院し治療を続けてきました。
そして、厚生労働省による退院基準でもあるPCR検査の二回陰性が確認された為、退院という運びとなりました。
今回お世話になりました病院の関係者の皆様には心よりお礼を申し上げます。
今後はより一層の感染防止を徹底し、今まで以上に仕事と真摯に向き合い頑張っていきたいと思います。
はなわ〉
(「はなわオフィシャルブログby Ameba」2020年7月31日のエントリーより)

 シンプルな文面ですが、コロナから復帰したほかの芸能人のメッセージも見比べてみると、これが「復帰の挨拶」のベースと言ってよさそうです。さすがベースといえばはなわ。それはさておき、どうやら「押さえるべきポイント」は、次の5つです。

●関係者に迷惑と心配をかけたことを謝罪する
●感染がわかってからどう過ごしていたかを伝える
●厚労省の基準に基づいて退院できたことを伝える
●医療従事者やお世話になった人への感謝を述べる
●今まで以上に仕事を頑張るという決意を述べる

 ただ、迷惑と心配をかけたことに対する謝罪はいいとして、普通に感染予防に気を付けていた場合、感染したこと自体を神妙に謝罪し過ぎると、聞く側を勘違いさせてしまいかねません。「十分に気を付けていたのに感染した悔しさ」を吐露することで、聞く側に「運が悪かったんだよな。気の毒に」という気持ちを抱いてもらえそうです。

 自分が感染した場合に備えることも大事ですが、より可能性が高いのは、仕事に復帰した同僚を迎える側になること。見事なお手本を見せてくれたのは、女優の観月ありさです。ドラマ『私たちはどうかしている』(日本テレビ系)で共演する横浜流星が、7月中旬に新型コロナウイルスへの感染が確認され、療養を経て8月7日にドラマの撮影に復帰。

 その時に観月は番組の公式Twitterに、笑顔でポーズを決めた横浜とのツーショット写真とともに、「つつつつつついにっっっ!!我らが椿さまがっ!!完全復帰ですよぉぉお」と喜びのメッセージをアップしました。さらに「「#横浜さんおかえりなさいっ #観月さんも歓喜 #復帰初日から #素敵なお芝居でしたっ」といったハッシュタグにも、復帰を歓迎する気持ちがあふれ出ています。

 職場に復帰してきた同僚は、どんなに不安でどんなに引け目を感じていることか。大げさすぎるぐらい大げさにはしゃいで、記念撮影のひとつもして、念入りに「回復してよかったね」「おかえりなさい」という気持ちを伝えるのが、大人のやさしさです。

 実際はけっこうな風評被害があったり取引先からの嫌味を浴びたりしていたとしても、本人には伝えないのが大人の意地。たとえ冗談のつもりでも「近寄って大丈夫かな。ハハハ」みたいなことを言うのは最低です。本人が根深い怒りや恨みを抱くのはもちろん、周囲からもリカバリー不可能な激しい軽蔑の視線を向けられるでしょう。

 何事も備えあれば憂いなし。「そんなノンキな話をしている場合か!」と怒られそうですが、ノンキじゃない事態だからこそノンキな視点を忘れないことが、際限なくアタフタして疲弊したりみっともなく凶暴になったりしないための有効な対抗策です。新型コロナウイルスにも熱中症にも無意識のパニック状態にも、くれぐれも気を付けましょう。