音楽誌『BURRN!』編集長の広瀬和生氏は、1970年代からの落語ファンで、ほぼ毎日ナマの高座に接している。広瀬氏の週刊ポスト連載「落語の目利き」より、通常、前半と後半に分けて演じられることが多い長編『双蝶々』を独演会で通して演じた立川談春についてお届けする。

 * * *
 立川談春が紀伊國屋サザンシアターで3月18日から23日まで6日連続の独演会をやった。ネタ出しは『双蝶々』。僕は19日に行った。三遊亭圓朝作と言われる『双蝶々』は前半の「小雀長吉」、後半の「雪の子別れ」と分けて演じられることが多い長編で、談春も当然「上・下」構成で演ると思っていたが、さにあらず。会の前半に正味1時間10分で『双蝶々』を通しで演じたのである。

 棒手振りの八百屋長兵衛の倅、長吉は幼少期から悪知恵が働き、盗み癖がある。優しい継母おみつに長吉が悪態をつき、酔って帰った長兵衛に「虐待された」と嘘をついておみつを殴らせる場面を描くのが普通だが、談春はそれを割愛し、酔いから醒めた長兵衛に大家が騒動の顛末を語って聞かせる場面から始めた。

 大家の勧めで奉公に出された長吉は窃盗常習犯となり、犯行を目撃した番頭の権九郎が長吉を強請って旦那の金百両を盗ませる。長吉は居合わせた小僧の定吉を絞め殺し、六郷屋敷前で待ち合わせた権九郎も殺して奥州へ逐電。権九郎殺しは本来芝居がかりになる場面で、僕は隅田川馬石が2月に池袋演芸場でそれを演るのを観たが、談春は権九郎殺しを地でサラッと語って後半へ。

 長兵衛が寝込んで3年。おみつは夜になると亭主に内緒で物乞いをする日々。ここで談春は六代目圓生の「金が欲しいなら女郎代わりになれ」とおみつに迫る田舎者は登場させず、八代目正蔵と同様、すぐに長吉がおみつと偶然の再会を果たす。

 おみつに連れられて長屋に来た長吉が長兵衛に金を渡して去ろうとすると、長兵衛は「仲間が堅気になろうとしたら邪魔しちゃいけねえぞ」と諭し、「天命尽きて御用となったときは未練な真似はするな」と意見する。これも八代目正蔵と同じ演り方だ。それを聞いて涙する長吉。冒頭の演出が効き、長吉に憎々しいワルという印象が希薄なので、感動の再会に素直に感情移入できる。

 長屋を出て吾妻橋。「思いがけねえ今夜の仕儀……」という芝居がかりの台詞に続き、「御用!」の声。長吉は父の言葉を思い出し、おとなしく召し捕られる。これほど爽やかな後味の『双蝶々』は初めてだ。

 仲入り後は『お若伊之助』『黄金餅』『大工調べ』から客に選ばせる趣向で、この日は『大工調べ』。談春の真の魅力は、実はその独特なフラ(※天性の不思議なおかしさ)にこそあり、談春版『大工調べ』の「天然だけど妙に賢い」与太郎のキャラはまさにフラ全開。理屈っぽいのに詰めが甘い棟梁、筋は通っているけれども因業な大家の描き方も見事。談春ならではの逸品だ。

●ひろせ・かずお/1960年生まれ。東京大学工学部卒。音楽誌『BURRN!』編集長。1970年代からの落語ファンで、ほぼ毎日ナマの高座に接している。『現代落語の基礎知識』『噺家のはなし』『噺は生きている』など著書多数。

※週刊ポスト2019年5月3・10日号