吉本興業の岡本昭彦社長が、一連の「闇営業問題」について5時間半もの会見を行ったが、歯切れの悪い回答が延々と続き、なかなか核心に迫れなかったといった評価をされている。ネットでのノーカット生中継などもされるようになり、会見のありようは以前とは異なっている。「善悪の構図がはっきりと分かれるようになってきた」とネットニュース編集者の中川淳一郎氏は述べる。以下、中川氏による解説だ。

 * * *
 今の状況は「1億総謝罪評論家状態」であり、「1億総会見評論家」になっているのではないだろうか。注目の会見があったら、それについて良い、悪い、誠意があった、立派だった、泣けてきた、ますます印象が悪くなった、などとすぐにツイッターに書き込み評論する。

 岡本社長の会見については、同氏にしかできないことを聞かれ、沈黙の後、「皆に後で聞いておきます」と述べた点が大ブーイングを浴びた。リスク管理の専門家も会見後に岡本社長の受け答えの問題点を述べるなど、今回の件はリスク管理のケーススタディーの教科書に載るものとなったことだろう。

 同様に、「日大悪質タックル問題」では、「つぶせ」と宮川泰介選手に指示した内田正人監督(当時)の会見がこれまた要領を得ないとブーイングを浴びたほか、会見を仕切っていた広報担当者が記者に「もう充分聞きました、もうやめてください!」とキレるなどし、こちらもネット上の「評論家」から批判を受けた。

 その後、悪質タックルをした当事者である宮川泰介選手が会見に臨み、その誠実かつ反省の色が見られる姿に「彼を雇いたい!」といった企業が出るほど評価が高かった。また、組織の隠蔽体質を暴いた点も高く評価された。

 闇営業問題では、岡本社長の会見に先立ち、宮迫博之と田村亮が会見をしたが、ここでは吉本への不信感が語られるとともに、反省の姿も見え、一気に世論を「かわいそう」という雰囲気にさせ、「吉本=悪」の構図を作ることとなった。そして、2日後の岡本社長のトホホ会見である。日大の時と同じような展開になっている。

◆記者も批評対象に

 岡本社長による「在京5社、在阪5社のテレビ局は吉本の株主やから大丈夫や」発言により、事務所とテレビ局の歪んだ癒着体質があからさまになったが、今回もう一つ批判の対象が登場した。

 それは記者である。

『アッコにおまかせ!』(TBS系)の記者が、宮迫に対して「不倫報道の時(心境を)『オフホワイト』と言っていましたが、今の心境を色で表すと?」と質問したのだ。これにはあまりにも非常識な質問だと炎上。さらには、真摯な態度を取る宮迫に対して失礼だとの批判に加え、テレビ局の「おいしい発言を取ってやれ」的姿勢も見抜かれ批判された。

 つまり、会見というものは、そこに登場する主体すべてが批評の対象となっているのだ。全部中継しない場合は、『アッコにおまかせ!』の記者の質問はカットされていたかもしれない。ネット時代になり、記者も同様に評価されるようになっているのだ。

 これの元祖ともいえそうなのが、2005年のJR福知山線脱線事故で、会見に臨んだJR西日本の幹部に対して「あんたらみんなクビや」「あんたら、もうええわ、社長を呼んで」などと暴言を吐いた記者である。彼はその後ネット上で「読売のヒゲ記者」などと呼ばれて批判され、身元特定の動きも出た。

 こうしたことから、完全に「善悪」が明確に分かれるようになったのだ。まさに会見が勧善懲悪のドラマを見ているような感覚になったのである。

【闇営業問題】善=宮迫&田村、悪=吉本興業&岡本社長&『アッコにおまかせ!』記者
【JR福知山線事故】善=存在せず 悪=ヒゲ記者 同情された=JR西日本幹部
【日大悪質タックル問題】善=宮川選手、悪=内田氏、井上奨前コーチ、日大広報担当者

 悪質タックル問題では、もう一人「善」と呼べる存在がいたが、これは「審判の笛は聞こえていましたか?」と質問した被害者選手の出身大学である関西学院大でアメフトをしていた元TBSアナウンサーの有馬隼人氏だ。他の記者が「自身にとってアメフトはどういう存在なのでしょうか?」というどうでもいい質問をしたり、退部を表明している宮川選手に対して新たな体制について思うことを聞く点が批判されたのと対照的である。そういった意味で有馬氏以外の取材陣は「悪」とされたのだ。

 厳しい質問をする記者もこうして「評論家」から批評を受ける対象であることを肝に銘じなければならないだろう。