「天然というか不思議な空気感がとにかくいい」(30代会社員)、「初めは意識していなかったのに、ドラマを見るたびにハマってます」(40代パート主婦)と人気なのは俳優・窪田正孝(30才)。

 平成最後の月9ドラマ『ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜』(フジテレビ系)の天才放射線医師役も話題に。最終回には「ラジロス」「窪田正孝ロス」といわれたが、今やテレビ、映画、舞台、CMに引っ張りだこで顔を見ない日はないほど。

 その窪田の最新主演映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』が7月19日に公開された。

 人気コミックを映画化した『東京喰種 トーキョーグール』(2017年)の続編で、窪田は人を喰らわないと生きられない喰種(グール)と人間のハーフ「半喰種」になってしまった金木研役。見所は、宿敵として登場する史上最悪の喰種「美食家(グルメ)」、月山習を演じる松田翔太(33才)との“セクシー”な絡みだ。

 その窪田と松田が、初日舞台挨拶を終えた夜9時、東京・銀座に姿を現した。

「窪田さんも松田さんも異様なオーラを放っていて、とてつもなくかっこよかったです」(居合わせた客)

 2人は焼肉店に入るも入店から30分もすると店を後に。映画で共演する山本舞香(21才)の姿もあった。一行は夜の銀座を歩き始め、次に入ったのは、なんと再び焼肉店。

「そこは銀座でも最高級といわれる焼肉店で、芸能人が通う店としても知られています。その日は映画のスタッフらと舞台挨拶後の飲み会でしたよ」(映画関係者)

 時折、窪田と松田、山本の3人は店の外に出てきてたばこを一服する様子もあった。その後、一行が出てきたのは日付が変わった頃。山本は窪田と松田とガッチリ握手を交わすと車に乗り込んだ。

 だが、窪田と松田の夜は、それからが始まりだった。

「銀座はおれの庭」とばかりに、迷うことなく雑居ビルのバーへと窪田をエスコートする松田。その2時間後、再び歩いて次のバーへ…。

「実は窪田はお酒が飲めないんです。でも、飲み会は最後までつきあう。唐沢寿明さん(56才)とドラマ『ラストコップ』(日本テレビ系)で共演してから“唐沢会”の若手ホープになり、飲み会では皆勤賞だとか(笑い)。いつも炭酸を飲んで、大好きな肉にかぶりついて、とことんつきあっています」(芸能関係者)

 テレビ関係者は、窪田の素顔について「演技にはストイックだが、普段はとてもはにかみ屋で、心優しい」と話す。

「とても真面目で庶民的な感じですが、いざという時には男気を見せるタイプですね。童顔なのに細マッチョ、というギャップもファンの萌えポイントなのかもしれません」(前出・芸能関係者)

 結局、窪田が帰途についたのは午前4時。朝方の銀座の自動販売機でジュースを買い飲み干すと素面でタクシーに乗り込んだ。

 実生活でも「グルメ」で酒を嗜む松田とともに7時間。窪田の進化はまだまだ続きそうだ。

※女性セブン2019年8月8日号