「杏さんと仲間さんがそろうシーンでは、とにかく現場がピリピリムードなんです」。そう漏らすのは、杏(33才)が主演するドラマ『偽装不倫』(日本テレビ系)の制作スタッフだ。

 原作は人気漫画家・東村アキコさんで、杏演じる婚活疲れした独身派遣社員が、ひとり旅に向かう飛行機内で出会った青年に「既婚」と嘘をついてしまい、“偽装不倫”をすることになるというストーリー。杏の相手役の宮沢氷魚(ひお・25才)は「THE BOOM」のボーカル・宮沢和史(53才)の長男で、そのイケメンぶりも話題になっている。

 一方、仲間由紀恵(39才)が演じる杏の姉は、既婚のキャリアウーマンなのに“独身”と偽って年下の男と不倫する。まったく対照的な役柄だけに、2人の間の“ピリピリムード”は気になるところ。いったい何があったのか。

 杏は2016年5月に双子の女児、2017年11月には第3子の男児を出産。今回は産後初、4年ぶりのドラマ復帰となる。仲間も昨年6月に双子の男児出産後初の連ドラ出演だ。

「杏さんのお子さんは保育園に通っていて、お迎えの時間などの関係で夕方までには撮影を終わらせたいと、よく言っています。仲間さんも“1日に1回は必ず自分の手で子供にご飯を食べさせてあげたい”という思いがあり、杏さん同様、朝から深夜までの撮影は極力避ける“時短スケジュール”が組まれています」(別の制作スタッフ)

 ピリピリムードは、2人のための“時短”が理由というわけだ。

「2人は不仲どころか、ママ友なんです。実は仲間さんは自分の子供が生まれる前に杏さんの自宅を訪ねたことがあったそうです。その時、初対面ながら杏さんは子供のあやし方からお風呂の入れ方まで実際に見せてあげたそうで、仲間さんは『年下とは思えないくらい頼りがいがある』と感心しきりだったそうですよ。

 そんな2人がそろって時短撮影を希望して、“共闘”を組んでいるんです。ピリピリというのは、いい緊張感ということです」(前出・制作スタッフ)

 現場は“時短対応”に追われているという。

「杏さんのお子さんの保育園の遠足が雨で中止になり、前夜に杏さんサイドから撮影時間変更の打診があった時は、急いで撮影の順番などを変更して対応。お子さんの予防接種のために撮影時間が取れなくなり、ほかの出演者のかたに協力してもらって撮影シーンを変更したこともあるそうです」(ドラマ関係者)

 現場からは不満続出かと思いきや、実はその逆。

「時短対応のために通常よりも1か月前倒ししてクランクインし、スタッフも増員。でも、効率よく撮影しているので、経費は削減されている。それに早く仕事が終わるので、家族団欒やプライベートに時間が割けるとスタッフも大喜びしています」(前出・別の制作スタッフ)

 杏自身も『日経ウーマン』8月号(日経BP)で、こう語っている。

《“時短撮影”を相談すると、実は深夜・早朝ロケはなかったりと、撮影現場も働き方改革が進んでいて。集中して撮影に臨み、いい作品をつくりたいと気合入っています》

 杏と仲間の“共闘”が、働き方改革をよりいっそう推進しているようだ。

※女性セブン2019年8月15日号