「新婚ですがお互いの生活を尊重するため“週末婚”を続けているそう。ハワイに移住してからの美恵子さんは、さらに自由奔放に生きていて羨ましい!」(テレビ局関係者)

 2007年に元横綱・花田虎上(48才)と離婚し、2009年から1男3女とともにハワイでシングルマザーライフを送り始めた花田美恵子さん(50才)。ヨガインストラクターの仕事も始め、昨年末には13才年下の日本人男性と再婚した。

 しかし今年7月、再婚前の2010年頃から4年間、別の男性と結婚していたことが『FLASH』誌で報じられた。美恵子さんは取材に対し、「大人の事情なので」と答えをはぐらかした。

 ミステリアスなところも美恵子さんの魅力の1つだが、“秘密”はこれだけではない。

「ハワイは車社会。美恵子さんは子供たちを乗せるために大きなSUVを持っていました。でも…それほど運転が下手というわけでもないのに、なぜか交通違反で捕まることが多いんです。ある時は裁判で有罪判決を受けて社会奉仕活動をさせられていました」(美恵子さんの知人)

 日本では「あおり運転」が社会問題になるなど、運転に対する意識が問題視されている。ハワイ在住とはいえ、日本でも活動する美恵子さんの交通マナーは気になるところ。そこで、ハワイでの裁判記録を確認すると驚くような事実が明らかになった。

 最初の違反は、移住から半年後の2009年10月2日で、「ヘッドライト点灯義務違反」だった。それから9日後には、運転中に携帯電話などを使用した「ながら運転」で御用。さらに翌月には「車両からのポイ捨て」で逮捕され、100ドルの罰金と「社会奉仕4時間」の有罪判決を受けていた。

 それ以外にも「法定速度違反」「通行妨害」などの交通違反を繰り返し、2013年9月には「携帯電話使用禁止」で逮捕。しかも、裁判に遅刻して「口頭注意」を受けていたという記録まであった。その時の罰金刑は150ドルだった。

 数えてみると、2009年から2017年までの間に、交通違反はなんと12回に至った。

「ハワイは交通違反にとても厳しく、ワイキキ周辺の道路に、5分間停車していただけで、警察官が飛んでくるほど。最近は、“ながら運転”の取り締まりも厳格になっています。しかも交通違反の取り締まりには私服警察官も配置されているので捕まりやすいんです。歩行者が横断歩道のない車道を渡るだけでも罰金の対象になります」(現地コーディネーター)

 あおり運転などとは違い、事故は起こしてはいない。反省もしているというが、12回も交通違反を犯しているというのはあまりにも不注意すぎるのでは…。

 本人に話を聞こうと携帯電話に連絡し、メールも送ったが期日までに回答はなかった。私生活は安全運転でいってほしい。

※女性セブン2019年9月19日号