気軽に会いに行ける場で活躍する“会いに行けるスター”が多くの人々を魅了している。演歌歌手・松阪ゆうきもそんなスターの1人だろう。

◆オペラ仕込みの歌唱力と表現力

 松阪が注目されるようになったのは、テレビ番組『THEカラオケ☆バトル【歌の異種格闘技戦】』(テレビ東京系)で優勝したことがきっかけだ。その圧倒的歌唱力は、音楽大学で声楽を学んだ経験に裏付けされている。

「大学の恩師はとても厳しく、オペラの発声や演技の基礎訓練を4年間みっちり指導してくださいました。そこで築いたベースが、今のぼくの糧になっています」(松阪・以下同)

 オペラを学んだ松阪が演歌に出合ったのも、その恩師のおかげだという。

「卒業旅行の時に芸を披露することになり、ぼくは和田アキ子さんの『あの鐘を鳴らすのはあなた』を歌ったんです。それを聴いた先生が“いいね、きみは歌謡曲や民謡が向いているよ”とほめてくださったんです」

 その後、日本民謡プロ協会副会長の原田直之さんに師事。民謡、ポップスも歌える演歌歌手としてデビューし、耳の肥えたファンからも人気を集めている。

「ぼくよりも人生経験が豊富で、さまざまな曲を耳にしているファンのかたからほめていただくと励みになります」

 キュートなルックスにパワフルな歌声。その姿を目と耳で愛でたい。

【松阪ゆうきの一問一答!】
◆趣味
「旅行、温泉巡り、舞台鑑賞です。歌のヒントをいただいています」

◆休日の過ごし方
「公演やイベントの後には、近くの温泉に行きますね。温泉ソムリエの資格を持っているので、泉質などを分析するのも好きです」

◆リフレッシュ方法
「神社にお参りすると、気持ちがスッキリします。御朱印も集めています」

◆ファンからもらってうれしいもの
「応援の声でしょうか。皆さんからエネルギーをいただいています」

◆舞台で観てほしいところ
「声楽、民謡と、その曲に合うさまざまな歌唱法で歌っています。その違いを感じていただけるとうれしいです」

【ファンの生ボイス】
高音の部分を伸びやかに、楽々と歌う姿に毎回感動します。(70才)

【Profile】
幼少時から祖父が歌う民謡を聞いて育つ。武蔵野音楽大学で声楽を学び、中学・高校の音楽教諭免許を取得。卒業後はミュージカル俳優などを経験後、日本民謡プロ協会副会長である原田直之さんに師事。2015年『ふるさと帰り』でデビュー。

【公演情報】
2019年11月19日に岐阜市民会館(岐阜県岐阜市美江寺町2-6)、11月20日にバロー文化ホール(岐阜県多治見市十九田町2-8)にて『百花繚乱〜華FUBUKI〜』公演。いずれも18時30分〜開演。2019年12月15日に東武ホテル レバント東京(東京都墨田区錦糸1-2-2)にて『松阪ゆうきクリスマスディナーショー2019』15時30分〜開催。最新情報は公式ブログ(https://ameblo.jp/matsuzaka-yuuki/)でチェック。

撮影/高橋進

※女性セブン2019年10月17日号