10月30日、『太川蛭子の旅バラ』(テレビ東京系)は、マドンナに宇垣美里を迎えてローカル路線バスを乗り継ぐ『バス旅2019』を放送。4月開始の同番組で最高視聴率の8.1%(ビデオリサーチ調べ/関東地区。以下同)を記録した。6月13日の同企画では2.9%まで落ち込んでいた数字が、なぜ劇的な回復を見せたのか。

 芸能研究家で、『田原俊彦論 芸能界アイドル戦記1979-2018』(青弓社)で『NHK紅白歌合戦』や『教師びんびん物語』などの視聴率分析もしている岡野誠氏がその背景を考察する。

 * * *
 高視聴率のヒントは、蛭子能収のポロッと発した一言に隠れていた──。

 2年前に終了した不定期の人気番組『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』をリニューアルし、今年4月から『太川蛭子の旅バラ』がレギュラー化された。当初『ローカル鉄道寄り道旅』などを放送したものの視聴率が上がらず、5月に『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』を再スタートさせた。

 それでも、数字は芳しくならない。復活第1弾である5月16日は、日程が3泊4日から1泊2日に変更され、マドンナは1日目かたせ梨乃、2日目中川翔子という交代制になった。第2弾の6月6日、13日も日程は1泊2日のままで、マドンナは鈴木奈々1人だったが、途中からゲストとして中村雅俊が登場した。それでも、視聴率は5.2%、3.8%、2.9%と落ち込んでいった。どうしてか。

『バス旅』の良さは“緊張感”にあった。年齢も考え方も異なる3人が1つのゴールを目指して3泊4日も旅をすれば、必ずや衝突が起こり、予想だにしないハプニングにも見舞われる。

 だが、1日で人が代わったり、途中でゲストが入ったりすれば、緊張感が緩和されてしまい、平穏なまま終わってしまう。これらの方式は、往年の『バス旅』の持ち味を消してしまっていた。

 7月25日の放送からは従来通り、太川・蛭子コンビと女性ゲスト(通称・マドンナ)の3人だけの旅に戻した。すると、6.3%とこの時点での『旅バラ』で最も良い視聴率が出た。

 8月29日の放送では、乃木坂46の元メンバーである生駒里奈をマドンナに迎え、2泊3日で札幌から路線バスを乗り継ぎ、ゴールの網走を目指した。

 1日目、バスの車中で「乃木坂46はAKB48の公式ライバルとして立ち上がった」などと生駒が話している流れで、太川が蛭子に「どう思う?」と振った。

蛭子:別にそんなにどうも思わないけど、喧嘩するシーンはいっぱい見たいです。
太川:見たい? 人が揉めることが好きなの?
蛭子:好き。それはもう、好きでしょうよ。人が揉めて、自分に関係ないのが1番いいじゃないですか。
太川:自分に降り掛かってくると嫌だけど、人が揉めてるのは好きなんだ。
蛭子:揉めてるのは好きですよ、そりゃもう。
太川:昔、平和主義だって言ってなかったっけ?

 これは、偽らざる人間の真理ではないか。

 2日目の午前中、昼に何を食べるかという話題になった。北海道に本社を置くコンビニ『セイコーマート』の弁当を推す生駒に対し、太川はラーメンを食べようと提案。一度は生駒の意思を尊重しようとしたが、「セイコーマートがあれば」という言葉に「両方チャンスがあったら、どっちを取るか」と決断を迫る。圧力を感じたのか、生駒は「う〜ん……その時考えますけど、ラーメンですかね」と回答。

 会話は太川の咳払いのような溜息で途切れる。「何、この空気? 大丈夫なの!?」というナレーションが入るほど、険悪な雰囲気が漂った。

 いざ旭川駅前に到着して昼食を取ろうとすると、バスの案内所で勧められたラーメン屋が満員で入れない。生駒は笑顔で、太川は仕方なく、蛭子は表情を変えずにセイコーマートに向かう。その途中、太川が蕎麦屋を見つける。2人を呼び止め、「蕎麦と(コンビニの)弁当だったらどっちがいい?」と聞いた。

 蛭子は明確な回答を避け、「早い方でいいです」と委ねる。生駒が「弁当で」というと、蛭子も「じゃあ俺も弁当」と乗った。太川は渋々と「30分あったら蕎麦屋行けんじゃん」「なんという2人だ。食べ物にこだわりがなさ過ぎるんじゃねえの」と呟きながら、再びセイコーマートへ歩いていった。

 これには、ネット上で太川の態度が大人げないという声も出ていた。しかし、逆に言えば、視聴者が思わず感情を発したくなるほど画面に引き付けられたことの裏返しである。このハラハラ感こそ、『バス旅』に求められているのではないか。

 紆余曲折ありながら3人は時間内にゴールの網走に到着。太川は「こんな爺さんとオジさんに付き合ってなあ。一番疲れてるんだから」と生駒を労い、ハッピーエンドを迎えた。

 結果的に、この日の視聴率は7.9%(18時55分から21時14分までの時間帯)と『旅バラ』の過去最高を更新。同じ亥年で、72歳の蛭子、60歳の太川、24歳の生駒という世代の離れた3人の組み合わせが、番組に久しくなかった緊張感を生み出したのではないか(※年齢は今年終了時点で計算)。

◆かつて傍若無人だった蛭子がけしかける側に

 生駒里奈の回にヒントを得たのか、10月30日放送では太川や蛭子と年齢が離れ、価値観や意見が合うか未知数の宇垣美里をマドンナに呼んだ。1泊2日で静岡・三保の松原から山梨・清里を目指した。新聞のテレビ欄に〈マドンナ宇垣暴走 太川とまさかのバトル 雰囲気ヤバ…蛭子爆笑〉と書かれ、期待も高まった。

 普段、バスの乗り継ぎはリーダーの太川が決め、蛭子とマドンナはそれに沿って行動していくが、宇垣は地図を凝視して自らもルートを探っていく。これまでにない積極的なタイプだった。

 2日目、富士宮駅から甲府駅に向かう際、バス1本で済む河口湖方面から大回りして安全に進むか、精進湖の近くで途中下車して直線で乗り継げるルートを探すかの2択になった。

 早く進める可能性のある後者を選択したい太川に対し、宇垣は穏やかながらも反対の意思を表明。バス案内所付近では、「行けんのかな? う〜ん、どうだろうなあ」などオンエアされただけで5度も不安な気持ちを口にしていた。

 結局、太川は乗車したバスの運転手に確認した上で、「精進」で下車する道を選んだ。しかし、迎車タクシー40分待ちになった上に、その後バス停に着いても3時間待ちという多大なタイムロスが生まれる。しかも、バスは「甲府駅行き」ではなく「南甲府駅行き」しかない。太川が「そんな目で責めないでね、僕を」と言うほど、宇垣の立腹する様子が伝わってきた。

 余った時間を使い、『上九の湯』で温泉に浸かると、太川が「美里ちゃん、相当カリカリきてるね」とボヤく。すると、蛭子が「女の人の言うこと聞いといた方がいいよ。だいたいね、喧嘩にはならんし」となだめるシーンもあった。

 ようやく到着した甲府駅のバス案内所では、太川以上に、宇垣が地図を見ながら積極的にスタッフに質問を繰り返していく。

 太川もイライラが溜まっていたのだろう。2人の話を把握しきれず、スタッフに「丘ってことは今、歩く話ですか? どこを歩く?」と尋ねた時のことだった。宇垣が「歩くとすると、おそらくですけど、この辺かな」と説明しようとすると、太川が「君ちょっと待て」「君は待ちなさい」と静止。画面から緊張感が漂った。このシーンこそ、予定調和のない『バス旅』の真骨頂だ。

 甲府駅から韮崎駅行きのバスに乗ると、最後列の窓側に座った蛭子は隣の宇垣に「席替わる?」と提案。「前方に座る太川の拡げる地図が見えにくそうだから」と理由を述べた。優しい……と思いきや、蛭子は穏やかな口調でこう言った。

「(太川と)対決した方がいい。とにかく(自分と席を)替わった方が面白くなりそうやから。意見が違うから」

 以前は「旅館には泊まりたくない」と言い出すなど傍若無人ぶりを見せていた蛭子だが、最近はけしかける側に回って存在感を示している。

 こうして、『旅バラ』史上最高の8.1%を獲得。特に衝突のなかった7月25日、10月9日の『バス旅』が6.3%だったことを考えれば、視聴者にとって“人が揉めて自分に関係ない”状態が生まれるかどうかは、数字に大きく関係しているのだ。言い換えれば、テレビ番組は人気タレントの“足し算”ではなく、組み合わせの妙から生まれる“掛け算”が視聴率に繋がるのだろう。

 惜しむらくは、1泊2日という日程である。かつて、太川陽介から『魔の3日目』という言葉が生まれたように、3日目には何かが起こりやすい。バスの乗り継ぎが上手くいかないこともあれば、3人の間でバトルが勃発することもある。もし今回、3泊4日の旅だったら、太川と宇垣の対決はあの程度では収まらなかったはずだ。そうすれば、視聴率2ケタに乗る可能性もあったのではないか。

 3人のような売れっ子を何日も拘束できないという事情もわかる。不定期特番ではなく、レギュラー化した影響もあるだろう。それでも、せめて2泊3日、ハラハラ感を演出するマドンナと旅すれば、さまざまなドラマが起こる。

 出演者はネットで言動が批判されようとも、気にする必要など全くない。それは数字が証明している。太川や蛭子、マドンナは臆することなく、これからも思いのままに行動してほしい。

■文/岡野誠:ライター・芸能研究家。著書『田原俊彦論 芸能界アイドル戦記1979-2018』(青弓社)が話題に。田原俊彦を通して“人気とは何か”を社会学的に分析。関係者への取材や膨大な文献、視聴率を用いて1980年代以降のテレビ史も丹念に考察もしている。