このまま終了するのは、あまりに惜しい──。11月13日の『太川蛭子の旅バラ』(テレビ東京系)は、番組初の試み『バスVS鉄道 乗り継ぎ対決旅』が放送された。太川陽介、蛭子能収、南明奈のバスチームと村井美樹、スギちゃん、西野未姫の鉄道チームに分かれ、1泊2日で盛岡駅から八甲田ロープウェーを目指し、どちらが先に到着するかを競った。

 視聴率は、番組最高タイの8.1%(ビデオリサーチ調べ/関東地区。以下同)を獲得。TBS『世界野球プレミア12 日本対メキシコ』13.6%、日本テレビ『ベストヒット歌謡祭2019』10.3%と強力な裏番組がひしめく中、健闘したと言っていいだろう。

 残念ながら、72歳の蛭子能収の体力的な問題があり、番組は12月25日限りで幕を閉じると発表された。直近2回とも8.1%と波に乗ってきたところでの終了は残念だが、72歳の蛭子に長距離の徒歩移動を強いるのは酷であり、致し方ない面もあるのかもしれない。

 だが、蛭子に代わるタレントを立てても、リーダー・太川陽介を軸とした『バス旅』はまだまだ視聴率を取れるはずだ。なぜなら、特番時代と最近の放送を比べると、蛭子の役割が明らかに変わったからである。

『旅バラ』の原型ともいえる『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』は2007年に不定期特番として開始。実直にゴールを目指す太川陽介と自由奔放な蛭子能収のコントラスト、女性ゲスト(通称・マドンナ)との絶妙なコンビネーションが話題になり、最高視聴率15.3%を記録。2012〜2014年には8回中6回も12%以上を叩き出した。

 番組の魅力は“予定調和なしの緊張感”にあり、その中心に蛭子能収がいた。運転手に「路線バスは走っていない」と説明されても「絶対にあるから。絶対にこの人たちの言うことを信じちゃいけない」と断言。旅館には宿泊したくないと主張し、マドンナの森下千里に「いいじゃん、別に」と言われると、「それは旅館の恐ろしさを知らないんだよ。変な旅館に泊まったことがないから」と怒り爆発。リーダーの太川がバス停の名前を忘れた時、蛭子が「え〜! メモしてなかったの? 信じられない。リーダーなのにさあ」とこぼし、太川を激怒させたこともあった。

 真剣にゴールを目指すゆえのバトルが視聴者を惹き付けたのだ。

 だが、2015年頃から蛭子の傍若無人な言動は徐々に減っていき、旅館への嫌悪も薄れ、太川との対決も少なくなっていった。その影響もあったのか、視聴率は2ケタを割り込むようになった。

 不定期の『バス旅』は2017年1月限りで一度終了したが、復活を期待する声が大きく、今年4月から『太川蛭子の旅バラ』がレギュラー化。5月には『バス旅』が再開した。しかし、当初は1日でマドンナが交代したり、途中参加のゲストが加わったりするなど形式が変わり、『バス旅』特有の“緊張感”が薄れ、視聴率2.9%にまで落ち込んだ回もあった。

 7月以降、太川、蛭子、マドンナという3人体制に戻すと、徐々に数字が上昇。8月29日には7.9%、10月30日には8.1%と『旅バラ』の最高視聴率を更新していった。2017年1月の『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』の最終回が8.9%だったことを考えても、勢いを取り戻しつつあった。

 視聴率回復のヒントは、蛭子の発言に隠されていた。『旅バラ』になってからバトルを引き起こす言動が鳴りを潜めていたが、札幌から網走を目指した8月29日放送の車中で「喧嘩するシーンはいっぱい見たい」「人が揉めて、自分に関係ないのが1番いい」と本音を漏らす。

 折しも、この回では北海道に本社を置くセイコーマートで昼食をとりたいと希望する生駒里奈に対し、太川が難色を示して険悪な雰囲気になる。10月30日放送では、バスのルートで宇垣美里と太川陽介の意見が異なり、互いのイライラが画面から伝わってくる場面があった。

 以前のような“予定調和なしの緊張感”が醸し出されたことで、数字が上向いたのだろう。そして、“緊迫の構図”が特番時代の『蛭子中心』から『太川、マドンナ中心』に変わった点に着目したい。蛭子は宇垣に「(太川と)対決した方がいい」と囁いたように、波乱の中心からけしかける側に回り、存在感を発揮していた。

 このように根本的な対立軸が変化したため、マドンナの人選と蛭子に代わる新パートナー次第で『バス旅』は人気を継続できるはずだ。

 新パートナーに“好感度を気にしない”“あまりやる気がない”“傍若無人”など蛭子と同じ特性を持つ人を選べば、『太川VS.新パートナー』『太川VS.マドンナ』『新パートナーVS.マドンナ』という3パターンの対決が可能になる。

 いわゆる“人気お笑い芸人”は起用しないほうがいいだろう。空気を読むことに長け、意識的に番組を盛り上げられる技量は『バス旅』においては逆に不要である。狙って笑いを取れる人ではなく、自然発生的な笑いを起こせるタレントのブッキングに期待したい。

 決して現在の人気や知名度に拘る必要はない。あくまで太川との組み合わせによる化学反応を重視した上で新パートナーを選定してはどうか。

 ぜひ、リーダー・太川陽介の『バス旅』存続を願いたい。その時、“ナレーション:キートン山田、解説:蛭子能収”というコンビが実現すれば、楽しみはさらに倍増するだろう。

■文/岡野誠:ライター・芸能研究家。著書『田原俊彦論 芸能界アイドル戦記1979-2018』(青弓社)が話題に。同書では、蛭子能収の出世作の1つ『教師びんびん物語II』の視聴率がなぜパート1よりも高かったか、野村宏伸へのインタビューも含めて詳細に分析。また、田原本人や関係者への取材、膨大な文献、視聴率を用いて1980年代以降のテレビ史も丹念に考察している。