昭和の女優ヌードや平成で開花したヘアヌードまで、戦後の出版文化の賑わいの中にはヌードがあった。外国の通信社から買った外国人女性のヌードから始まり、1970年代に平凡パンチが“自前のヌード”という分野を開拓。それが大きく花開いたのが1980年代だ。時代ごとのヌードを第一線で見てきた石川次郎、鈴木紀夫、元木昌彦の3氏が、当時の熱気を振り返る。

元木:1980年代になると次々とヌード写真集が出てきますね。原田美枝子、大谷直子、高田美和、五月みどり、風吹ジュン、関根恵子、浅野ゆう子、小柳ルミ子、秋吉久美子、坂口良子、かたせ梨乃、名取裕子……。

鈴木:私もその時代、1988(昭和63)年に初めてヌード写真集を手掛けました。コリアンエロスものです。韓国のフォトエージェンシーから「韓国のタレント、女優、モデルのヌードを撮っているカメラマンがいる」と聞いたんですが、当時の韓国はヌードに対する規制が厳しくて向こうでは出せないという。ならば、とこっちで出しました。モデルの了解も取っていないんですが(笑い)。大使館あたりから抗議が来ると困るから、タイトルは過激なものはやめて、中の文章も格調の高いものにしましたね。

石川:『韓国美女・夢幻』ですか。サブタイトルに「恨と忍のエロティシズム」とありますね。(中を見て)色っぽいじゃないですか。売れたでしょう。

鈴木:ええ、おかげさまで。

石川:麻田奈美がいい例ですけど、ヌード写真集は雑誌のグラビアの副産物として定着しました。そのうち撮り下ろしで独自に出版されるようになり、逆に写真集のプロモーションとして雑誌のグラビアが使われるようになりました。

元木:その傾向は1990年代に入ってヘアヌード写真集がブームになるとより顕著になりましたね。ヘアと言えば、1980年代でも写真集の中にはチラッとぐらいヘアが写っていたものもありましたよ。でも、週刊現代や週刊ポストのような一般の雑誌に載せるのは無理でした。桜田門(警視庁)に呼び出され、下手すると回収させられかねませんから。

石川:その頃僕は平凡パンチを離れ、1980年代のヌード写真集ブームを横目で見ていたんですが、編集長だったBRUTUSでヌード特集をやったら何ができるのかと思い、あえてヘアが写った写真も載せました(1985年9月15日号の「裸の絶対温度」)。

 カメラマンもモデルもヘアなんか気にせず撮っていたのを知っていましたから、そういう写真を提供してもらったんです。中には男性器がはっきり写っている写真もありましたよ。ただし、ヘアを出すための、よく言えば「切り口」、有り体に言えば「言い訳」が必要だと思い、「アート」を掲げた。発売の翌日、警視庁に呼び出され、始末書を書かされましたけれどね。

元木:女優やタレントのヌード写真集で初めてヘアが写っていたとされるのが篠山(紀信)さんが撮った1991年の樋口可南子『water fruit』で、同じ年に出た宮沢りえ『Santa Fe』が最終的に155万部という大ベストセラーになりました。

鈴木:実は『Santa Fe』には非常に苦い思い出がありまして。当時、私はFLASHの編集長で、篠山さんが表紙の写真を撮っていました。そこで、あるとき宮沢りえさんが1週間休みを取れるというので、篠山さんのチームとFLASHのチームで彼女をハワイに連れて行き、表紙やグラビアの写真を撮ったんです。

 そして帰国して4日後だったか、朝日新聞に『Santa Fe』の全面広告が出たんです。何かの間違いじゃないかと思うくらい驚きましたよ。篠山さんのチームも、りえさんもりえママも口が硬くて、1週間一緒にいたのにおくびにもださない。おかげでスクープのチャンスを逃した私は社内で立場がありませんでした。

石川:宮沢りえがきっかけになって、次々と有名女優がヘアヌード写真集を出す時代に突入していきましたね。

【プロフィール】
◆いしかわ・じろう/1941年生まれ。1966年平凡出版(現マガジンハウス)入社。POPEYE、BRUTUS、Tarzan、GULLIVER、平凡パンチ各誌編集長を歴任。1993年に退職し編集プロダクション「JI inc.」を設立。1994〜2002年、テレビ朝日系『トゥナイト2』の司会を務めた。

◆すずき・のりお/1940年生まれ。1962年光文社入社。女性自身を経て、週刊宝石、FLASH創刊に携わり、1988年からFLASH編集長、1996年から週刊宝石編集長。女性自身の発行人も務めた。2004年に光文社常務を退任。

◆もとき・まさひこ/1945年生まれ。1970年講談社入社。1990年からFRIDAY編集長、1992年から週刊現代編集長、1999年からWeb現代編集長。2006年退職し、その後オーマイニュース日本版編集長&社長を務めた。

●取材・構成/鈴木洋史 撮影/榎本壯三

※週刊ポスト2019年12月20・27日号