ブランド店が立ち並びクリスマスイルミネーションがきらめく東京・銀座の並木通りで、ひと際目を引く女性が広末涼子(39才)だった。白いニットパーカに黒のロングコート、キャスケットを斜めにかぶる“気張らない装い”だが道行く人が振り返る。

「39才とは思えない透明感。化粧っ気がなく見えるのにキレイ。間違いなく奇跡のアラフォーNo.1だと思います」(通行人)

 この日はドラマ『ニッポンノワール ―刑事Yの反乱―』(日本テレビ系)の打ち上げだった。主演の賀来賢人(30才)、北村一輝(50才)、杉本哲太(54才)、工藤阿須加(28才)の姿もあった。

「打ち上げをかねて最終回をみんなで見たようです。広末さん、普段は子育てで外に出られないからか、2次会まで楽しんでいらしたようでした」(ドラマ関係者)

 3才、8才、16才、3人の子供の母には見えないオーラが大通りにも漂っていた。

※女性セブン2020年1月2・9日号