令和元年のNHK紅白歌合戦に2年連続2度目の出場を決めたのは、メンバー4人の平均年齢40歳超えのスーパー銭湯アイドル「純烈」だ。

 純烈といえば昨年、結成当初から掲げていた「夢は紅白! 親孝行!」を叶えたものの、年明けすぐに週刊文春(1月17日号)でメンバーの友井雄亮の〈「凄惨DV」と「三千万」使い込み〉が報じられた。夢の紅白出場からわずか11日後に友井は会見を開き、純烈からの脱退と、芸能界引退を発表した。

 そんなすったもんだがあったにもかかわらず、なぜ今年も紅白に選ばれたのか。純烈に近い音楽関係者はこう答えた。

「友井のDV騒動のダメージは大きかった。でも、正直なところあれで純烈の知名度がさらにアップしたんです。仕事は騒動前に比べてめちゃくちゃ増えて、2019年の休みは1週間もなかったはず。個々のメンバーの番組出演も増えましたし、5月発売の『純烈のハッピーバースデー』も10万枚を超えました。これまで年配の方が多かったファン層が若い世代にも広がってきている」

 ただし、一部で事務所が友井の復帰を考えていると報じられたことについてはこう否定する。

「純烈のメンバーは脱退した友井とは連絡をとっていません。事務所が復帰を支えることもない」(同前)

 二度と“不純”なイメージはつけたくない。

※週刊ポスト2020年1月3・10日号