音楽誌『BURRN!』編集長の広瀬和生氏は、1970年代からの落語ファンで、ほぼ毎日ナマの高座に接している。広瀬氏の週刊ポスト連載「落語の目利き」より、三遊亭白鳥の新作落語を、古典の重鎮と呼ばれる五街道雲助が重厚に演じた企画公演「白鳥座」についてお届けする。

 * * *
 読売新聞東京本社ビル内のよみうり大手町ホールでは読売新聞社主催の落語会「よみらくご」が年に数回開催されているが、11月14日の第17回は「『白鳥座』へようこそ」と題した企画公演。全員が三遊亭白鳥作品を演じるというもので、目玉は五街道雲助の出演。あの「古典の重鎮」が白鳥作品を演じるとは大事件だ。

 開口一番は白鳥で、この会のために作った『寄席ザワザワ』。深夜の寄席でマイク、メクリ、座布団、襖が会話をする噺で、寄席歴70年の座布団が「新作なんて邪道だ」と言うと、さらに昔から寄席を知る最古参の襖が「新作は邪道じゃない。そもそも古典と新作を分けたのは戦後の落語評論家だ」と落語史を語り、「新作は何十年と寄席で磨いてこそ後世に残る作品になる」と言って“新作の種”を撒き、「その種が芽生えた師匠方がここに集いました。白鳥座へようこそ!」と締めた。

 ドジな看護婦が騒動を起こす『ナースコール』を桂宮治が披露した後、注目の雲助が演じたのは『鉄砲のお熊』。白鳥が2011年の「SWAファイナル」で初演した作品で、白鳥には珍しく時代設定は江戸だ。

 熱海近くの小さな宿場町で幼少期を過ごしたおみつ、時次郎、長吉は長じて女相撲の大関「鉄砲のお熊」、人気の女形「中村夢之丞」、盗賊の頭「マムシの権蔵」となった。権蔵は地元を通りかかった夢之丞を誘拐、身代金百両を要求するが、目的は昔から惚れていた夢之丞を手に入れること。その権蔵と闘って夢之丞を救い出したのが偶然地元にいた怪力無双のお熊で、夢之丞は初恋の相手お熊に求婚するが、お熊は「私は相撲に生きる、あなたは役者として生きなさい」と諭して別れる。

 雲助は、この噺をさながら圓朝作品のごとく重厚に演じた。クライマックス、お熊の横綱土俵入りでの夢之丞による口上の見事さはさすが雲助。切ない余韻を残す名演だ。

 仲入り後は女流講談師神田鯉栄による『任侠流山動物園』。上野のパンダと談判しに行った豚次がトラに尻を囓られるところまで演じ、流山動物園から上野まで牛太郎一行が駆け付けるくだりを講談ならではの言い立てで。「果たして豚次の運命やいかに……お時間です」

 トリは桃月庵白酒で『メルヘンもう半分』。古典『もう半分』の改作で、白鳥版はアニメで有名なフィンランド由来の“夢の国の住民”が主役だが、白酒版は国民的人気の猫型ロボットが主役。夫婦揃って悪党という雲助の『もう半分』を土台にして、白鳥版の感動のエンディングとはまた異なるハッピーエンドで「白鳥座」を締めくくった。

●ひろせ・かずお/1960年生まれ。東京大学工学部卒。音楽誌『BURRN!』編集長。1970年代からの落語ファンで、ほぼ毎日ナマの高座に接している。『現代落語の基礎知識』『噺家のはなし』『噺は生きている』など著書多数。

※週刊ポスト2020年1月3・10日号