誕生50周年、2019年末に第50作目が後悔される「男はつらいよ」シリーズ。主人公の車寅次郎が故郷の葛飾柴又にもどってきては起こす大騒動の人情喜劇が人気だが、毎回、寅さんが恋する「マドンナ」も負けず劣らず人気の源だ。『「男はつらいよ」を旅する』の著者である評論家の川本三郎氏と、「『男はつらいよ』の幸福論 寅さんが僕らに教えてくれたこと』著者の精神科医・名越康文氏、『いま、幸せかい? 「寅さん」からの言葉』著者の小説家・滝口悠生氏に、シリーズで最も愛するマドンナについて聞いた。

◆川本三郎氏(評論家)

・光本幸子(御前様の娘・冬子役)第1作『男はつらいよ』(1969年、監督/山田洋次)

【あらすじ】20年ぶりに柴又に帰った寅次郎は妹・さくらの見合いを酔ってぶち壊し、おいちゃんと大喧嘩。再び旅に出た先の奈良で御前様と娘・冬子に再会し、その美しさに一目惚れ。柴又に戻り、さくらと夫となる博の仲を取り持つが、肝心の冬子には大学の先生の婚約者がいた。

 私の好きなのは第1作で御前様の娘・冬子を演じた光本幸子。寅さんが惚れる女性はお嬢様、水商売系、市井の働く女性に大別できますが、お嬢様の原型が彼女です。新派のトップ女優だった彼女の初出演映画がこの作品で、彼女を初めて知った新鮮さもあり、着物の似合う美人で、品が良いのが印象的でした。

 寅さんが冬子を連れてオートレース場や大衆的な焼き鳥屋に行きます。そこで見せる嫌みのない世間知らずがまた魅力的です。寅さんが彼女を寺に送ると、木戸の中から白い腕が伸びてきます。寅さんがドギマギしながら軽く手を握ると、彼女が上下に振る。立ち去る彼女を見つめ、寅さんが思わずお辞儀をする。ここはまさに「王女様と騎士」の関係です。後日、彼女を迎えに寺に行くと、彼女は約束を忘れていて、しかもそこに婚約者がいる。その無邪気な残酷さも彼女なら許せますね(笑い)。

【かわもと・さぶろう】評論家。1944年生まれ。著書に『「男はつらいよ」を旅する』(新潮選書)。

◆名越康文氏(精神科医)

・太地喜和子(芸者・ぼたん役)第17作『男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け』(1976年、監督/山田洋次)

【あらすじ】寅次郎は旅先の兵庫県龍野の宴席で底抜けに明るい芸者ぼたんと意気投合し、「所帯を持とう」と言うまで盛り上がる。ぼたんは悪徳な客に騙し取られた金を取り戻そうと上京し、憤慨した寅次郎はひと肌脱ぐが、金は戻らない。だが、意外な展開が待っていた……。

 寅さんと最も相性がよく、僕を含め多くの男にとって夢のようないい女。それが太地喜和子演じるぼたんだと思います。

 ぼたんは底抜けに明るく、よく笑い、はしゃぎ、理屈っぽくもありません。しかし、「ちょっとおバカな宴会芸者」ではなく、直感的に人の寂しさを見抜いて心を寄せる知性も、情け深さも併せ持っています。昔はよく、商家など人の出入りの多い環境で育ち、人間関係に揉まれた女性にこういうタイプがいました。自分自身では普段はおくびにも出さないけれど、実は苦労人で、そのぶん寂しさも抱えている。そういうところがフッと見えるので、男は父性をくすぐられるんですね。

 寅さんが「いずれそのうち所帯を持とうな」と言います。するとぼたんは「嘘でも嬉しいわぁ」「あてにせんと待っとっからねー」と笑いながら応えます。寅さんの好意を受け入れ、喜ぶ。でも、寅さんの気が変わったとしても責めないからね、と期待なんてしない。大人の距離感です。

 が、それだけに2人がもし結婚していたら……と想像してみたくなります。きっと常識はずれの、でも幸せな生活を送っているんじゃないでしょうか。

【なこし・やすふみ】精神科医。1960年生まれ。著書に『「男はつらいよ」の幸福論 寅さんが僕らに教えてくれたこと』(日経BP社)。

◆滝口悠生氏(小説家)

・八千草薫(幼馴染みの美容師・千代役)第10作『男はつらいよ 寅次郎夢枕』(1972年、監督/山田洋次)

【あらすじ】寅次郎は柴又で再会した美しい幼馴染みの千代が離婚して独り身だと知り、有頂天に。だが、とらやに下宿中の大学の助教授も千代に惚れたことを知り、その思いを千代に伝える。すると、寅次郎からの告白と勘違いした千代は喜び、受け入れようとするが……。

 父親が「男はつらいよ」が好きで、僕も子供の頃から一緒に見ていました。意識的に全作を繰り返し見始めたのは20歳頃から。寅さんに殉じたような渥美清の人生や、各作品が互いに響き合うシリーズ全体のあり方に興味を持ったんです。

 魅力的なマドンナはたくさんいますが、特に好きなのは第10作の八千草薫。寅さんに憑依したかのような渥美清の演技が凄くエネルギッシュで、作品全体としてもとても好きな一作です。

 八千草薫が演じる千代は寅さんと幼馴染みで、2人は互いに気安い仲です。マドンナには珍しく、さくらとも親しい。そういう関係性と、八千草薫の可愛らしい雰囲気がぴったり合うんですね。それまでのマドンナは高嶺の花というか、相対したときに少し緊張感がある人が多い。

 一番好きなのは、千代の美容院で千代とさくらが寅さんの噂話をしているところへ、寅さんがやってくる場面。子供の頃、千代のおでこをラッキョウと呼んでいたことを受け、「何だい、この店は漬け物屋か。ラッキョが2つ揃って何の相談してるんだよ」「髪の毛なんかいじらないで、おでこ削ったらいいじゃねえか。以上」と、小学生みたいにからかい、立ち去ります。寅さんがこんな子供みたいなはしゃぎ方をできるのは、マドンナの中でも千代に対してだけで、からかわれた千代も嬉しそうです。

 シリーズ全体を考えたときに大事なのは最後の場面。寅さんが、とらやに下宿し、千代に惚れている大学の先生の代わりにその思いを伝えると、千代は寅さんのプロポーズと勘違いし、受け入れます。しかし、千代の勘違いに気づいた寅さんは驚き、動揺し、逃げ腰になる。結果的に千代は寅さんに振られる形になったのですが、その理由ははっきりしません。

 この場面でとにかく寅さんの恋は成立しないのがこの映画なのだ、と山田洋次監督は宣言したのではないでしょうか。シリーズの行方を決定づける重要な役割を果たしたのが、寅さんに振られる形を引き受けた八千草薫なんです。他の女優さんではきっとあの場面は成立しなかったと思います。

【たきぐち・ゆうしょう】小説家。1982年生まれ。著書に『男はつらいよ』に材を取った『愛と人生』(講談社)、名台詞を選んだ『いま、幸せかい? 「寅さん」からの言葉』(文春新書)。

※週刊ポスト2020年1月3・10日号