人気アイドルグループSMAPの解散から今日でちょうど3年となる。それから5人が揃うことはないが、この年末年始、その5人が意外な形で“つながった”と注目を集めている。ファンが歓喜している10日間に渡るSMAPの“テレビ出演リレー”とは? コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

 * * *
 去る11月29日、1月3日から3夜連続で木村拓哉さんの主演作がプライムタイム(19〜23時)で放送されることが発表され、ネット上の話題をさらいました。

 まず3日に放送されるのは、1年前に公開された映画『マスカレード・ホテル』(フジテレビ系、21時〜23時45分)。同作は東野圭吾さんの小説を実写化したミステリーで、長澤まさみさん、小日向文世さん、濱田岳さん、菜々緒さん、松たか子さん、渡部篤郎さんら豪華キャストが出演する上に、「地上波初放送」という3が日のゴールデンタイムに相応しい作品です。

 続く4日、5日に放送されるのは、フジテレビ開局60周年記念スペシャルドラマ『教場』(フジテレビ系、第1夜21時〜23時10分、第2夜21時〜23時24分)。こちらも長岡弘樹さんのベストセラー警察小説を実写化したもので、木村拓哉さんが冷酷無比な警察学校の教官を白髪と義眼姿で演じることが話題を集めています。

 この3夜連続放送は、単に「木村拓哉さんが人気者だから」ではなく、一部ファンの間で意味深なとらえ方をされ、盛り上がっているようなのです。

◆年末年始はSMAPメンバーが毎日出演

 その意味深なとらえ方とは、「年末年始のテレビ番組をSMAPのメンバーがリレーするように10日間連続出演する」こと。

 まず年末は、12月27日に中居正広さんが『中居正広の金スマスペシャル』(TBS系)、草なぎ剛さんが『あさイチ』(NHK)、稲垣吾郎さんが『不可避研究中』(NHK)、28日に中居正広さんが『ワイドナショー年末SP 2019』(フジテレビ系)、29日に木村拓哉さんが『グランメゾン東京』(TBS系)最終回、30日に中居正広さんが『最強スポーツ統一戦2019』(フジテレビ系)に出演。31日には、稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さんが『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!大晦日スペシャル“絶対に笑ってはいけない青春ハイスクール24時!”』(日本テレビ系)に出演することが有力視されています。

 年が明けた1月1日には、木村拓哉さんが『さんタク』(フジテレビ系)、草なぎ剛さんが『ブラタモリ×鶴瓶の家族に乾杯 新春!沖縄スペシャル』(NHK)、稲垣吾郎さんが『100分 de ナショナリズム』(NHK Eテレ)、2日に稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さんが『出川哲朗の充電させてもらえませんか?新春パワスポ初詣3時間SP』(テレビ東京系)、3・4・5日は木村拓哉さんが『マスカレード・ホテル』『教場』に出演します(木村さんは3日の『VS嵐 2020賀正新春豪華3時間SP』にも出演予定)。

 年をまたいだ10日間に渡るSMAPメンバーの出演リレーであり、「冬休みだから全部見られる」とファンたちを喜ばせているのです。しかも、その間には、1月1日に香取慎吾さんが「20200101」、8日に木村拓哉さんが「Go with the Flow」というソロアルバムをリリース。テレビ出演だけでなく、音楽でもひさびさにその存在感を発揮します。

◆ファンは年末年始になると寂しさがぶり返す

 ファンたちは2016年12月31日に「彼らが何も話さず、何も起こらないまま解散した」ことでショックを受け、なかには「年末年始が来ると、あのときを思い出して寂しさがぶり返す」という人もいるそうです。

 実際、12月20日に「#SMAP解散」というハッシュタグが突然トレンド1位にランクインされ、「どういうこと?」とファン以外の人々を驚かせました。これは『週刊文春WOMAN』で香取さんが木村さんについて語っていることが明らかになり、「本当に解散したの?」「解散なんかしていないよね」などとツイートが盛り上がっていたもの。あらためてファンの心の傷と変わらぬ愛情が明らかになったのです。

 ファンならずとも、「できればバラバラではなく5人がそろうところが見たい」と思うのは当然でしょうが、テレビを見る人の多い年末年始の10日連続出演は、「3年の年月が過ぎても、全員がスターであり続けている」ことの証。ようやく5人が地上波の放送にそろい踏みし、わずかではあるものの少しずつ距離が縮まりはじめてきただけに、新年にふさわしい期待感が広がったのは間違いありません。

【木村隆志】
コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者。雑誌やウェブに月20本超のコラムを提供するほか、『週刊フジテレビ批評』などの批評番組に出演。タレント専門インタビュアーや人間関係コンサルタントとしても活動している。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』『独身40男の歩き方』など。