最近、好調のバラエティー番組にはある特徴が見られる。それはスタッフの声が前面に出る番組が多いということ。その効果についてコラムニストのペリー荻野さんが解説する。

 * * *
 近年、スタッフの声が聞こえる番組が増えた。過去にも街頭インタビューやアンケートなどの場面にスタッフが出てくる番組は多かったが、最近はスタッフの人柄や感想がより伝わるような番組が目立つのである。

 その先鞭をつけたのは、『カミングアウトバラエティ 秘密のケンミンSHOW』(読売テレビ)だった。全国各地の独自のグルメや風習、県民性などを紹介するこの番組。スタッフは地元の人に「食べたことがなくて」などと声をかけつつ取材。紹介シーンには、「なーにー?」とか「美味しそうとはいえないルックス」とかナレーションが入る。これらは、番組側がぶつける感想・驚き表現なのだが、いつのまにか視聴者もその言葉に共感。そりゃ、確かに「漬物ステーキ」(岐阜飛騨地方)を知らない視聴者は「肉なし?」と思う。その心を番組が巧みに突き、「そうだそうだ」と思わせる。

『マツコの知らない世界』(TBS)は、番組側が用意した感想をマツコが「そうやってあんたたちは」とあっさり否定することで盛り上がるのである。スタッフは、ネタを持ち込むその道の専門家と入念に準備をし、マツコと視聴者をうならせるようなとっておきの逸品をスタジオで披露する。しかし、まんまとそこに乗るマツコじゃない。マツコとスタッフとのやりとりがなかったら、番組はまったく別の味になっていたはずだ。

 情報を探すところからスタッフを出しているのが、テレビ東京『YOUは何しに日本へ?』とテレビ朝日『ポツンと一軒家』だ。

『YOU〜』は空港の到着ロビーに待機したスタッフが、次々とYOUたちに声をかける。アニメなど日本文化の追っかけ(『探偵!ナイトスクープ』の追っかけもいた)、スポーツや技術の鍛錬、恩人との再会など番組にはさまざまな目的を持って来日したYOUが出てくるが、密着するまでの過程は大変だ。なかなかネタになりそうな人はいないし、密着取材をOKしてくれるとは限らない。

 過去に掲載されたスタッフ日誌(2015年のものですが)によれば、3班が一日中100組以上のYOUに声をかけ続けても密着OKはゼロだったという。HPに掲載されたスタッフの姿を見ると、心なしか顔色が悪いような…。

 また、衛星写真で見つけた山奥の一軒家を探す『ポツンと一軒家』は、そこに住む人の人生や生活ぶりがメインだが、実はその家にたどり着くまでがひとつの山場。カメラは取材車からの景色をずっと映し続ける。スタッフはまず、ふもとで近所の人に聞き込みをするが、人影がない地域も多く、人がいただけで「いたっ!!」と喜ぶのだ。そして山道に入ると「うわ、きれい川の色」「細いですね…」「落石が」「タイヤパンクパターンだから慎重に」などと言いながら、ガタガタと進んでいく。視聴者も同じ目線で捜索している気分になれるのがミソである。

 取り上げた番組がいずれもヒットしている。スタッフの言葉も感想も制作過程も番組の大事な要素。撮って出し映像のように見えて決してそうではない。誰もが動画を発表できる今、プロらしい慎重さと構成力が番組を支えているのだとよくわかる。スタッフのどんな声が番組を引っ張っているのか? 深読みするのも面白い。