東京近郊にある国内最大規模のスタジオ。1月中旬の平日、そこに嵐のメンバー5人が勢ぞろいした。

「スマホゲームの新CM撮影を行っていました。撮影は順調に進み、予定より早く終わりましたよ」(撮影スタッフ)

 活動休止前のラストイヤーを迎えた嵐は多忙な日々を送る。今年はグループでの活動を最優先していくというが、

「各メディアは、2021年以降のオファーをすでに準備しています。特に二宮和也さん(36才)には映画やドラマのオファーが多いようです」(芸能関係者)

 二宮の活動休止後の第一弾として、名前が挙がっているのがドラマ『ブラックペアン』(TBS系)の続編だ。

 海堂尊氏の人気小説を原作にしたこのドラマは2018年4月クールで放送され、二宮は「オペ室の悪魔」と呼ばれる天才外科医・渡海征司郎(とかいせいしろう)を演じた。手術ミスをして青ざめる医師に「1000万円でもみ消してやる」「腕のいい医者は何をやってもいいんだよ」と言い放つダークヒーロー的なキャラクターで、二宮の新境地を開拓した役柄である。

「当時、プロデューサーは“スーパーアイドルながら、役者になるために生まれてきたと思えるぐらいの才能の持ち主”と、褒めたたえていました。二宮さんも、それまであまりなかった“ブラックな役柄の作品”に出演することに意欲的で、“モノマネされるようになるぐらい、しっかりキャラクター化しなければ”と挑んでいました」(TBS関係者)

 この作品を最後に二宮はテレビドラマに出演していない。

「二宮さんとしても役に入りやすいと思います。ドラマの関係者は、“嵐の活動休止後初となる二宮さんのドラマをやりたい”と強く思っているようで、2021年の7月クールを目指していると聞いています」(前出・芸能関係者)

 次作の放送にはハードルもある。原作には続編があるが、渡海は登場しないのだ。しかし、ドラマの関係者たちが実現にかける思いは、2年前からあったようだ。

「前作の最終回となる第10話の台本の表紙には最終回ではなく、『第10話』とありました。これは、“続編を必ず作る”というプロデューサーの思いによるものでした。また、原作の主人公は竹内涼真さん(26才)演じる研修医の世良雅志でしたが、ドラマでは渡海に変えた。もともとオリジナルの要素も強いドラマなので、二宮さんが主人公のままの続編も用意できるはず」(前出・TBS関係者)

 嵐の活動休止後も、彼らはさらに走り続ける。

※女性セブン2020年2月6日号