音楽誌『BURRN!』編集長の広瀬和生氏は、1970年代からの落語ファンで、ほぼ毎日ナマの高座に接している。広瀬氏の週刊ポスト連載「落語の目利き」より、故・立川談志さんの、初出音源商品の聞きどころについてお届けする。

 * * *
 昨年末、立川談志の初出音源商品が2つ発売された。1つはCD12枚組の「立川談志 県民ホール寄席」(日本コロムビア)。談志は1982年から2005年までの間に神奈川県民ホールで独演会を19回行なっており、そこで収録された音源からセレクトした15席が収められている。

【収録演目】『落語講座』(1982年)/『黄金餅』(1982年)/『紺屋高尾』(1985年)/『居残り佐平次』(1985年)/『源平盛衰記』(1988年)/『粗忽長屋』(1989年)/『二人旅』(1989年)/『小猿七之助』(1991年)/『洒落小町』(1997年)/『明烏』(1997年)/『つるつる』(1998年)/『やかん』(1999年)/『ずっこけ』(2001年)/『芝浜』(2001年)/『首提灯〜鮫講釈』(2003年)

 談志の『芝浜』は2001年12月21日よみうりホールの独演会で劇的に進化し、談志自身その出来に興奮していた。ここに収められた『芝浜』はその6日後の口演だが、これがまた凄い。談志が満足した6日前の『芝浜』とはまるで異なる台詞を魚勝夫婦が勝手に言っている。既出音源のどんな『芝浜』とも異なる名演だ。

『落語講座』は県民ホール初登場の談志が「俺は今、落語をやりたくないんだ」と言って落語の歴史を分析したもの。だが客席から「落語を聴きたい」「『黄金餅』やってよ」という声があり、『山号寺号』を演って休憩に入ると、後半ではリクエストに応じて『黄金餅』を演じた。その『黄金餅』もここに収録(『山号寺号』はカットされている)。

『首提灯』は客席からのリクエストに応え、即興で久々に演じたもの。他にも53歳の『粗忽長屋』、55歳の『小猿七之助』、61歳の『明烏』、同じく61歳の『洒落小町』等、これまでになかった年代の貴重な音源が幾つもあるが、この商品の肝は「一味違う“素”の談志」がマクラで聴けること。東京でも地方でもない横浜という土地がそうさせたのだろう。談志ファンはその意味で必聴だ。

 もう1つは2枚組CD「家元の軌跡 談志33歳」。ディスク1は『よかちょろ』『蔵前駕籠』『三年目』で、『三年目』は談志が「縁がなかった」と持ちネタにカウントしていない演目の、まさかの初商品化。『よかちょろ』は最古の音源で、限りなく初演に近い。『蔵前駕籠』はその後あまり演らなくなる噺だ。

 談志は33歳で衆院選挙に東京8区から立候補して落選、2年後に参院全国区で当選して議員になった。この商品が異彩を放っているのは、ディスク2が政見放送や落選会見などを含む33歳の談志の「衆院選落選ドキュメンタリー」となっていること。落語3席も貴重だがこちらも貴重、これまたファン必聴だ。

●ひろせ・かずお/1960年生まれ。東京大学工学部卒。音楽誌『BURRN!』編集長。1970年代からの落語ファンで、ほぼ毎日ナマの高座に接している。『現代落語の基礎知識』『噺家のはなし』『噺は生きている』など著書多数。

※週刊ポスト2020年2月7日号