松本潤(36才)と二宮和也(36才)が肩を組みながら、初日のステージへ向かう。「リハーサルなしのぶっつけだよ」とつぶやく松本の緊張をほぐすように、「意外と緊張しいなんでしょ」と指をさして二宮が笑う──嵐の20周年ツアーの舞台裏にファンは衝撃を受けたに違いない。

 1月28日17時、インターネット動画配信サービス・Netflixで嵐のドキュメンタリー『ARASHI's Diary -Voyage-』の第2話が配信された。今回は嵐の20周年ツアー初日を迎えるまでの“裏エピソード”がふんだんに盛り込まれていた。

 蓋を開けてみると、5人は会議、会議、会議の連続だった。1日10時間を超える打ち合わせ。松本が一曲一曲、演出を詰めていく。

 高熱を押して朦朧としながら話し合いに加わる相葉雅紀(37才)、言葉少なに意見を伝える大野智(39才)。

 選曲、順番、バックの映像、衣装、振り付け、すべてに「技術よりも、あったかくなるってことが最重要」(松本)と鬼気迫る様子で惜しみなく時間を費やしていく。まさに極限の中、会議は進んでいった。この時、5人はすでに活動休止を心に決めていたということもあったのかもしれない。

 昨年末に第1話が放送され、満を持しての第2話。動画が解禁されるや大きな反響に包まれた。

《見ているだけで涙が出た。ステージが大変なことはわかっていたけど、ここまで身体も精神も駆使していたなんて》
《やっぱり5人はステージ裏でも素で仲が良い。この動画を見れて絆を感じられてよかった》
《ニノと潤くん、本当にいいコンビだ…》

 SNS上にはファンの感想が飛び交った。そして、《櫻井くんの不安もあったけど、これで不安が消えた》というコメントまで。

 ファンはここ数日、不安を抱えていた。発端は『週刊文春』が1月16日発売号から2週にわたって櫻井翔(38才)のベトナム・ハワイデートを報じたことだ。

 相手は大学時代の同級生で、関西のテレビ局に勤務していたという女性。以前から櫻井の交際相手とされていて、昨年秋には会社を退職していたことも併せて報じられた。

「二宮さんの結婚に続いての報道でしたからショックは大きかった。ファンの間では、“メンバーはもうプライベートを隠すつもりはないのでは”という憶測が広がりました」(テレビ局関係者)

 そして、ある情報がインターネット上に拡散され、その不安は広がっていった。

「その情報とは櫻井さんが1月24日に都内の高級ホテルで結納するというものや、翌25日の櫻井さんの誕生日に結婚するというものもありました。さらに、『news zero』(日本テレビ系)で櫻井さんの口から結婚報告をするというものまであったんです。

 第2話放送日が告知されたのも結納日といわれていた24日だっただけに、一部のファンの間では“ドキュメンタリーで結婚、進退について何かしら言及するのでは?”と勘ぐる人もいました。実際、放送で5人が会議をしているシーンが映った時は、緊張感が走りました」(芸能関係者)

 しかし、放送されたのは冒頭のようなツアー準備の舞台裏だった。演出に頭を悩ませたり、出前でラーメンを頼む姿、スマートフォンを5人で見ながら振り付けを確認するなど、嵐の仲のよさが映し出された。結果的にまったくの誤報とわかり、ファンの心配は徒労に終わった。

「このタイミングで、櫻井さんの結婚はありえません。それに、ファンを大切にする彼らがドキュメンタリーで恋愛や結婚などプライベートに関する発言をする予定はないと思いますよ」(前出・テレビ局関係者)

 心配された櫻井の“進退”は変わらず。ファンのために嵐を全うすることになりそうだ。

※女性セブン2020年2月13日号