音楽誌『BURRN!』編集長の広瀬和生氏は、1970年代からの落語ファンで、ほぼ毎日ナマの高座に接している。広瀬氏の週刊ポスト連載「落語の目利き」より、年代ごとに変化する台詞回し、マクラも楽しめる柳家小三治のCDについてお届けする。

 * * *
 昨年ソニーから「令和の新シリーズ」として柳家小三治の2枚組CDが6か月連続発売された。音源はすべて「朝日名人会」(有楽町朝日ホール)で収録されたもの。小三治のCD発売は2007年以来12年ぶりとなる。

 第1弾「柳家小三治I」は2007年の『猫の皿』と2008年の『長短』。『猫の皿』は1979年に、『長短』は1972年に演じたものがDVD化されていたが、近年の高座には当時とは比べものにならない深みがある。特に『長短』の面白さはケタ違い。また『猫の皿』の40分近いマクラは、一番の歌詞で平敦盛の最期を描く小学唱歌『青葉の笛』について。2007〜2008年頃の代表的なマクラで、音源記録として残ったのは嬉しい限りだ。

「II」は2011年の『青菜』と2001年の『鰻の幇間』を収録。『青菜』は1986年の口演がDVD化されているが、小三治の『青菜』はその後どんどん進化を遂げて「21世紀の十八番」となった。その待望の商品化である。『鰻の幇間』は1983年と2002年の高座がDVD化されているが、CDは初。今では滅多に演らないが、これも「小三治で聴きたい噺」だ。

「III」は2000年の『付き馬』と1999年の『二番煎じ』。『付き馬』は1985年、『二番煎じ』は1995年の口演がDVD発売されているが、どちらもCD化は初。1939年生まれの小三治が60代に突入する時期の脂の乗り切った名演が楽しめる。2席とも志ん朝・小三治が双璧だった演目だ。

「IV」は2010年収録の『厩火事』『品川心中』の2席。目玉は『品川心中』で、小三治が『品川心中』を演じたのは十数年ぶりのこと。初の商品化だ。この噺、志ん朝や談志は志ん生演出を受け継いでいるが、小三治は圓生の型が基盤。お染に仕返しする後半は演らず、親分宅での「腰が抜けております」でサゲている。

「これは私にとって人情噺」と言う小三治十八番『厩火事』は1986年の口演がCDで、1996年の口演がDVDで発売されており、これが三度目の商品化。70歳の小三治ならではの変幻自在の台詞回しが堪能できる。

「V」と「VI」は落語ではなく2002年7月に行なわれた「ま・く・ら独演会」で収録された随談で、「V」は「私の時代の歌」の話から切ない初恋の思い出へと至る『あの人とっても困るのよ』。「VI」は今はなき寄席の老舗「人形町末広」の話題から、この口演の2か月前に亡くなった師匠小さん、前年亡くなった志ん朝との思い出へと広がる『人形町末広の思い出』。どちらも「マクラの小三治」本領発揮、聴き応え満点だ。

 どれも僕が商品化を熱望していた音源ばかり。小三治ファンの心を鷲掴みにする、最高の贈り物である。

●ひろせ・かずお/1960年生まれ。東京大学工学部卒。音楽誌『BURRN!』編集長。1970年代からの落語ファンで、ほぼ毎日ナマの高座に接している。『現代落語の基礎知識』『噺家のはなし』『噺は生きている』など著書多数。

※週刊ポスト2020年2月14日号