三田寛子(54才)と中村芝翫(しかん、54才)の長男で、歌舞伎界の若きプリンス中村橋之助(24才)が、京都・祇園の元ナンバーワン芸妓Mさんとの結婚を前提にした真剣交際を報じられたのは、今年元日の『スポーツニッポン』紙でのこと。

 報道翌日の2日には浅草公会堂で『新春浅草歌舞伎』初日を迎え、坂東巳之助(30才)からさっそく「結婚するんですか?」といじられ、集まった観客からも「おめでとう」と先走った祝福を受ける場面もあった。そこでは交際を否定することなく笑顔で対応していた橋之助だったが、実はMさんとは既にスピード破局したという話が浮上している。

「祇園界隈では、『2人はもう別れた』ともっぱらの噂なんですよ。お母様の強い反発があったとかで……結局、結婚はあきらめ、交際自体にも終止符を打ったようです」(梨園関係者)

 Mさんの親族は、橋之助と同じく芸能一家。身内に複数の歌舞伎俳優や女優がいるため、梨園への理解も深く、結婚への障害は少ないとみられていた。一方で、交際には以前から三田が難色を示していたといわれている。

「三田さんは夫の芝翫さんが橋之助を名乗っていた2016年、芸妓との不倫を報じられました。芝翫さんにはキツいお灸をすえて許した三田さんですが、まだ歌舞伎俳優として一人前になっていない息子が芸妓との恋愛にうつつを抜かすのは許せなかったのかもしれません。もちろん、Mさんは芝翫さんのお相手ではないし無関係なのですが……橋之助さんとしても三田さんの顔色を伺ったところがあるんだと思いますよ」(芸能関係者)

 橋之助の所属事務所に問い合わせると「プライベートなことなのでコメントすることはありません」とのことだった。

 前出の浅草公会堂での一幕で、橋之助は報道陣の問いかけに「まだまだです。お芝居、芸の勉強をさせていただきます」とかわしていた。昨年9月にはTBS系『ノーサイド・ゲーム』で襲名後初のドラマ出演を果たしたが、どうやら恋の行方も“ノーサイド”となってしまったようだ。